京太郎「て、転校生の須賀京子です、よろしくお願いします」(裏声

憧「ぷふっ」

憧てめえ、あとで覚えてろよ!

穏乃「きょうた、じゃなかった、京子がんばれ!」

今まさに頑張ってるところだよ! スカートなんか着て女子高で頑張りを強いられてるよ!

京太郎「しゅ、趣味は麻雀です」(裏声

憧「雑用じゃないの? 麻雀弱いじゃん」(ボソ

聞こえてるからな! 下手の横好きなんだよ、悪かったな!

京太郎「中学はハンドボールをやってました」(裏声

晴絵「それで背が高いんだな、うんうん、女の子からモテるでしょ?」(笑

レジェンド、てめえが担任とはどういうことだ!?
しかも話を広げようとすんな!

京太郎「そんなことないですよ」(裏声

晴絵「えー、どうかなー、旅館の子とか和菓子店の子とか神社の子にモテてなかったっけー?」(棒

そいつら全員友達なの知ってて言うなよ!

憧「べ、別に私は……」(ゴニョゴニョ

穏乃「はい赤土先生! 転校生さんは私の隣がいいと思います!」

憧「ちょ、しずっ!?」(ガタ

晴絵「んー、そうだね、ちょうど空いてるしそこでいっか
   というわけで京子の席はそこね」

穏乃「ウェヒヒ、これからもよろしくね、きょうた、京子」

いやありがたいんだけどさ、お前ぼろ出しそうだから憧の方がよかった、とは言えないよなあ

憧「むむむ……」

憧、親友の隣を取られたからってにらむな、俺は悪くない、レジェンドが悪い

晴絵「じゃ、授業始めるよー
   京子はしずに教科書見せてもらいなさい」

穏乃「ほら、机くっつけて一緒に見よ」

憧「しず、抜け駆けはずるくない? 協定はどうしたのよ」(ボソボソ


女装京太郎@阿知賀、続かなかったはずの何か