京太郎「ふぅ・・・・頼まれたもの、運んできましたよ部長」

久「お疲れ様、須賀君。温泉にでもつかってゆっくり休みなさい」

京太郎「ええ、そうします。朝から色々と大変でしたからね・・・」コキコキ

まこ「この旅館の温泉は疲労回復に効くと有名じゃからのう」

京太郎「それは楽しみですね。んじゃあ、行ってきます」

咲「行ってらっしゃい京ちゃん」

京太郎「さーて、風呂だ風呂だ~♪」

ガラッ・・・

健夜「お先に失礼してるよ~」アラサーン

咏「さあさあ、少年も温泉ですっきりしていきねい」ウタターン

理沙「熱烈歓迎!」ノヨリーン

はやり「こっちこっち☆私の隣が空いているから遠慮なく来てね☆」ハヤリーン

良子「いえ、こっちですよボーイ。私の胸の中へワンチャンダイブです」ノーウェーイ

晴絵「そんな所に固まってないで君も早く入った入った~」レジェーンド

靖子「ふふふ、私達の姿に早くものぼせたのか?全く可愛い奴だ」カツドーン

京太郎「・・・・・・」


久「あら、随分と早いお帰りじゃない須賀君?」

京太郎「ええ、疲労回復どころか疲労MAXになりそうだったので」フッ…

まこ「んん・・・・?」

カンッ