久「杏仁豆腐」

京太郎「は?」

久「杏仁豆腐って食べたことないのよ私」

京太郎「はぁ…」

久「…」

京太郎「……えっ、それだけ?」

久「えっ?」

京太郎「いや、そこから何か話が広がったり」

久「しないわよ?」

京太郎「えぇー…」

久「そこから入る話題なんてそうそう持ってるわけ無いでしょ…食べたこともないのに」

京太郎「逆に食べたら話題ひろげられるんですか?」

久「そりゃある程度はねぇ…あれって薬みたいな味って聞くけどどんな味なの?甘いだろうってのはわかるけど」

京太郎「んー…なんてーか…こう、甘いけど癖があって…薬みたいな臭いというか…」

久「うーん…?」

京太郎「とにかく、薬みたいな甘さなんですよ。つーかそれ以外の言葉にしづらいんですよ」

久「まぁ、美味しいってことだけでも十分ね」

京太郎「その基準なら大体なんでもOKですよね…」

久「世の中には美味しいものが溢れてるものね」

京太郎「いや、そうでなく…別に良いですけども。それで、食べに行きます?」

久「杏仁豆腐?」

京太郎「杏仁豆腐」

久「うーん」

京太郎「えっ?」

久「えっ?」

京太郎「いや、これっていつものように食いに行く流れですよね?」

久「杏仁豆腐だけを?ハンバーグとか酢豚とか焼き肉とかじゃなくて杏仁豆腐だけを食べに行くの?」

京太郎「…うーん」

久「なるわよね?」

京太郎「なりますねぇ…」

久「さてと、それじゃ行きましょうか」

京太郎「どこに?」

久「杏仁豆腐も置いてる料理店!」

京太郎「微妙に見つけにくそう!」

おちなしカンッ