憩「じゃーん! 京ちゃん見て見て」

京太郎「なんですか騒がし……うおっ」

京太郎「何でセーラー服なんて着てるんですか!」

憩「えへっ、聞きたい?」

京太郎「いや、別にいいです」

京太郎「まだ二十一歳とはいえ、痛々しいですよ憩さん」

憩「しっつれいやなー。せめて若々しいですよ憩さんって言ってー」




憩「それはそうと京ちゃん、誕生日おめでとー」

京太郎「昨日ですよ。昨日しっかり祝ってくれたじゃないですかありがとうございます」

憩「いや、ようよう考えたらな? 二十歳になったのにお酒飲んでないなーって」

憩「ここにワインがありまーす」


京太郎「はあ、ワインとセーラー服に何の繋がりが?」

憩「コスプレキャバごっこ」

憩「京ちゃん、そーゆーの好きかなぁって」テレテレ

京太郎「はあ? 俺は憩さん一筋だからそんなとこ行きませんよ」


京太郎「とりあえず据え膳食わぬわということで、サクッと注いでください」

憩「あ、あんな……そういう恥ずかしいことはスパッと言うもんやないで?」カァ

京太郎「はいはいさあさあ、憩さんも俺の横に座って。どうぞ」

憩「うぅ……ちょーし狂うなぁ……」

憩(ま、お酒で酔わせてペース握り返そっと)

憩(アルコールには自信あるんよ)ニヤリ




~一時間後~

京太郎「追加の酒とおつまみ買ってきましたよー」

憩「」グテー

京太郎「ダウンしてるし……」

京太郎「憩さん、憩さん。しっかりしてください」

憩「うぅ……ザルとか……そんなん考慮しとらんよ……」


京太郎「こんなところで寝ると風邪ひきますよ」

京太郎「ベッドいきましょう、ベッド」ヒョイ

憩「うん……」グッタリ

京太郎「…………」

京太郎(据え膳食わぬわ、だよな)


憩「あんな、京ちゃん」

京太郎「はいはい」

憩「ウチは京ちゃんより年上なんよ」

京太郎「たった一歳違いですけどね」

憩「たった一歳でも、お姉さんなんだから敬わんとダメやと思うんよ」

京太郎「ふんふむ」

憩(これで京ちゃん説得して、お姉さんらしくリードするでー!)


京太郎「姉さん」

憩「!?」

京太郎「俺、姉さんと子供作りたいんだ」ジリッ

憩「そ、そういうんやなくて……」

憩「や……まだ、昼間なのに……」

京太郎「姉さんとしたい」ガシッ

憩「…………///」カオマッカ