憧「きょう…たろう?」

京太郎「ん?どうした憧?」

憧「(なんでこんな近くに京太郎が…?)」

憧「(あっそうか…。夢なんだこれ…)」

憧「(夢なら…。いいよね…?)」

京太郎「お、おい憧?」

憧「えへへ~京太郎いい匂い~」

憧「もっとぎゅーってしちゃおーっと」

京太郎「な、なんだ?!?どうしたんだ憧!?」

憧「好き~。京太郎大好き~」

京太郎「ホントどうしたんだよ憧!?わけがわから…」

穏乃・咲「「あ!?」」

京太郎「あ゛!?」




穏乃「えぇ―!?覚えてないの?!」

憧「し、知らないわよそんなの!てか、私が京太郎に抱き着くなんてありえないし!」

憧「(え!?何それ嘘でしょ?そんな事してたら私どんな顔であいつに会ったら…)」

穏乃「でも残念でした♪そう言われると思って携帯で写真に撮っといたんだ!」

穏乃「ほら、これ!」

憧「な!?ななななななななななな」

憧「なななななななななななな」

京太郎「あー。憧?」

憧「ウェ!?きょ!きょきょきょきょきょきょきょ」

京太郎「とりあえず落ち着け…。ほら、深呼吸」

憧「ぐっ!?すーはーすーはー!ゴッホゴッホ!!」

憧「も、もう大丈夫…。落ち着いた…」

京太郎「そ、そうか…。あー、その…」

憧「……。好きよ、京太郎」

京太郎「えっ?」

憧「ずっと言えなかったけど、私はアンタが好き」

憧「あーあ。もっとちゃんと舞台を整えてから告白するつもりだったのに」

憧「こんな形でなんて…、かっこ悪い…キャ!?」

憧「きょ、京太郎?どうしたの?急に?」

京太郎い、いや…。俺も…。俺も好きだよ?」

憧「えっ?」

京太郎「あーあ。情けないなぁ」

京太郎「ホントは先に、もっとロマンチックに告白するつもりだったのに、全部憧に言われちまった」

憧「え…?嘘でしょ…?私の事、からかってるんでしょ?」

京太郎「憧…」

憧「あっ…」

京太郎「これから、よろしくな」

憧「う、うん!」

カンッ