京太郎「刺身」

咲「イカかな」

優希「サーモン!」

和「赤身でしょうか」

京太郎「カンパチだな。じゃあ寿司」

咲「んー…ブリ?」

優希「トロ!」

和「イクラ…ですかね」

京太郎「ホタテ。てか見事にバラバラなのな…刺身の好みもそうだけど寿司と刺身まで違うとは」

咲「間にシャリが混じるからね。やっぱり白ご飯とはちょっと違った感じがするし」

優希「フッ…何にしろ脂と飯は正義なんだじぇ!」

京太郎「それはそうだけどな…てか和って結構子供舌なのな」

和「良いじゃないですか。好きなんですよ、イクラ」

京太郎「確かに悪い訳じゃねえけどよ…白身っつーかなんつーか、そういう類の物食べそうなイメージあったからなぁ」

咲「あー、何となくわかるかも」

優希「お高い物食べてそうだしな。ウニとか」

和「そうは言いますけどイクラだって高いんですからね?」

京太郎「そもそも寿司自体高えしな。回転寿司が普及してっから忘れがちだけど」

咲「回らないお寿司って言葉も出来たくらいだしね…本来お寿司やさんって言ったらそっちなんだけど」

優希「腹一杯食うか美味いもの食うかの違いだな。ガキの内はそれなりのものを腹一杯食えればいいんだじぇ!」

京太郎「回転寿司はいろんな物に手ェ出しすぎて最早ファミレスみたいなもんだよな」

和「美味しいですよね、回転寿司の唐揚げとかハンバーグ巻きとか」

京太郎「ホント好きな、そういうの」

和「…駄目ですかね?」

京太郎「さっきも言ったけど駄目って訳じゃねぇよ。イメージと違うだけだ」

優希「のどちゃんは案外チープなの好みなんだじぇ。この前食ったラーメンとかちょくちょく食べに行ってるみたいだし」

京太郎「…気に入ったのか」

咲「気に入ったんだね…」

和「……美味しかったんですもん」プイッ

優希「そんなこと言って、気に入った駄菓子毎日食って肌荒れした時みたいなことやったら怒るかんな?」

京太郎「何それ気になる」

咲「ハマったら一途そうだもんね…」

優希「私が原因でもあるんだけどな…おやつに食ってたきな粉棒とか分けてたらダダハマりしてなぁ…」

和「も、もう懲りましたから!もう二度としませんよ!」

優希「ホントに?」

和「……多分」

優希「うぉいっ!」

京太郎「しかしこんな話してたら腹へったな…」

咲「どこか食べに行く?」

和「ラーメン…」

優希「のどちゃん?」

和「何でもありません」

京太郎「せっかくその話してたし回転寿司行かねぇ?」

咲「近くにあったっけ?」

優希「あー、駅からちょっと離れたところにあった気がするじぇ」

和「唐揚げ…」

優希「のどちゃん?」

和「何でもありません」

京太郎「部長たちどーする?」

咲「用事あるかもだけど一応誘ってみよっか」

優希「今日こそ20の大台に乗ってやるじぇ!」

和「茶碗蒸し…」

優希「一皿だけな」

京太郎「一皿で十分じゃね」

おちなしカンッ