窓から差し込む月明かりに照らされたからか、それとも夜の冷たい空気に体が冷えたせいか、目が覚めた。
 薄暗い中で時刻を確認すればまだ真夜中。
 もう一眠りしようにも目が冴えてしまい寝付けない。それでいて身体は何処か気怠げだった。

 原因は分かっている。

 隣で寝息を立てる少女との行為。
 快楽を貪り合う営みの余韻。

「なあ、咲。何時まで俺たちはこの関係を続けるんだろうな?」

 返事は返って来ない。
 それが分かりきっているからこそ、問うたのだ。起きているときにこの話題へ俺から触れることはないだろう。

 小さく、弱々しい華奢な背中だと思う。折れてしまいそうな、儚さと脆さが同居している。

 愛情を有しているのか。
 庇護欲を駆られたからか。
 欲望に流されているのか。

 否、否、否、どれも違う。

 俺が咲に抱いた感情は哀れみだ。傷ついていた少女に同情し、気にかけ、優しく接した。
 それは問題が何一つ解決しない自己満足の行いだった。
 しかし、咲はそれに綴り、溺れ、依存し、気づけば手遅れで、拒否することもできず、俺は受け入れたのだ。
 それが間違いだったのかは分からない。
 あの頃のこいつは、棄てられた犬、罪を犯した罪人、今にも壊れてしまいそうな、そんな少女だった。
 咲が俺との行為を求めるのはある種の自傷行為なのだと思う。好きでもない男に抱かれ、快楽に耽溺する己の浅ましさを自嘲し、自己を否定することで精神の均衡を保つ。

「何時か、仲直り出来ると良いな……」

 咲が救われるとしたら、照さんに赦された時だ。その時が来るまでは仕方がないから面倒を見てやる。

「はあ」

 ポンコツなお姫様に構っていたら、俺に彼女が出来るのは何時になるのやら……ああ、巨乳の恋人が欲しいぜ。


カンッ!