京「池田さん、急に呼び出しなんてどうしたんだろ……も、もしかして別れ話とか!?お、俺何かしちゃったのか!?」
池田「お、お待たせだし」
京「あ、い、池田さん!?……と……」
貴子「ふむ。お前か、須賀京太郎とかいうやつは」
京「そうですけど……どちら様ですか?」
貴子「私は風越で麻雀部のコーチをしている久保貴子という者だ」
京「はぁ……それでそのコーチさんが何でここに……」
池田「あの、実は」
貴子「池田ァ!お前は黙ってろ!!」
京「!?」
池田「は、はいぃぃ!」
京「あの……」
貴子「ふん、立ち話もなんだ。ちょっとそこの店に入ろうか」

コーチ「須賀ァ!! そこでション牌の西切りはねえだろォォ! ゴルァ!!」
京太郎「ひぃ! す、すいません!!」
コーチ「こういうときは素直に降りてだなあ。そしてこっちをこうやってこうしてこう・・・」
 ・ ・ ・
京太郎「なるほどー。さすがコーチですね」
コーチ「お、おう・・・当り前だ」

華菜「・・・なんで京太郎がコーチにシゴかれてるんだし!?」
美穂子「色々あって・・・頑張ってますね、京太郎さん」
京太郎「はい~。それにしても厳しいっすね、風越のコーチさん」
コーチ「ああ? 何か言ったか!?」
京太郎「な、何も! すいません!!」
美穂子「ふふふっ」
京太郎「・・・でも、風越生徒でもない俺が、みんなの練習に参加してもいいんですかね?」
コーチ「あー? 別にいいだろ」
美穂子「そうですよ、京太郎さん。麻雀を上手くなりたい気持ちに、どこの生徒だとかは関係ないでしょ?」
京太郎「美穂子さん~!」
美穂子「それに、京太郎さんがいてくれたら私は楽しいし・・・///」
京太郎「美穂子さん・・・///」
華菜「!?」
コーチ「おい!! 何テメーら名前で呼び合ってんだ!!」
京太郎「あ、いや・・・なんていうか、いつの間にか・・・ですよね?」
美穂子「京太郎さんが・・・こ、こう呼び合いたいって言ったんじゃないですか・・・もう///」
華菜「・・・」
コーチ「おい須賀・・・いや、京太郎!! 高校生の分際でイチャイチャしてんじゃねーぞ!! 私のことも『貴子さん』とか呼んでみるか、コラ!?」
京太郎「ひ! すいません!ごめんなさい! そんな滅相もない!!」
コーチ「・・・呼ばねえのかよ」
京太郎「はい?」
コーチ「なんでもねえよ!!」
美穂子「・・・・・・クスッ」
華菜「(なんか京太郎モテてる・・・のか? ・・・ま、負けないし!)」

名前:
コメント: