京太郎「今日も学校楽しかったな♪早く帰って宿題(のどっち特製麻雀問題集・極~待ちの章~)しなきゃ♪」


キキィーッ!(黒塗り高級車君)

ガチャッ!バタバタ…


黒服A「見つけましたぜお嬢!」

黒服B「大人しくしな!」

京太郎「なんだお前ら(素) うわっ、ちょっと!」


謎の長身褐色美女「オロナイン控えナサーイ!」

京太郎「ちぃっす!何やってんすか!言ってる事もわけわかんねーよ!」


謎の香港人「抵抗しても無駄アルヨ、諦めるアル!」

京太郎「お前が言うとマスクド永谷園かクラウドベリジャムかわかんねーよ!つか、離せっての!」


謎の眼鏡おさげ「極道にKOはねぇ、張り続けられなかった奴が負けるんだよ!」

京太郎「もうなにしてんすかあんたら!せめてネタ統一しとけよ!

    流行らせコラ!(京太郎SS)流行らせコラ!(京太郎SS)」


バタンッ


謎の眼鏡おさげ「よし、京太郎確保…車だせ」

謎のジョージア人「はーい」

京太郎「おあえあお!(お前かよ!)」←縛られてる

謎のジョージア人「おっと、料金メーターセット…と」

京太郎「うういおあお!(有料かよ!)」


ブロロロロ……

……………


京太郎「…うーん」

明華「あ、起きましたね」


京太郎「ん…明華さん?クォクォワ…?」

明華「北海道の最南端、松前です♪」


京太郎「…え?ほっか…いど…う?」

明華「はい♪」


京太郎「なんで…?なんで俺北海道に…?」

明華「実はここ、数の子を使った郷土料理、松前漬けが有名でして、
   それを京太郎と一緒に食べたくなったので、連れてきてもらいました♪」


京太郎「………」

明華「うふふ♪」




京太郎「…普通に誘えよ!!」



……


京太郎「で、松前漬けでしたっけ?んなの函館でも買えるんじゃないっすか?

    わざわざ電車も通ってない町までこなくても…」ナデナデ

成香「あ、あの…//」


明華「何でも極上品というのは、ここにしか売っていないそうなので」ナデナデ

成香「えぅ…///」

京太郎「だからって…それに通販でもよかったんじゃないですか?ねえ成香さん」ナデナデ

成香「はぅ…///」


明華「まあまあ、こうして本場で食べるのがいいんじゃないですか

   彼女にも北海道弁の通訳として来てもらったわけですし」ナデナデ


京太郎「ま、俺も成香さんに会えたからいいですけど」ナデナデ

成香「はぅ、はぅぅ……//////」プシュー


明華「あらあら、真っ赤になって可愛い♪」ナデナデ



そんなこんなで


お土産屋のおばちゃん「ヒンナヒンナアリシペアリシペゴールデンカムイ」

成香「ニポポアバシリオホーツク」

お土産屋のおばちゃん「ホッカイドーシンカンセン…グレイサイコー」ツンツン

成香「チヨノフジ…///」カァー


京太郎「…?なんで赤くなってるんだろ成香さん」

明華「あ、京太郎!ここから松前城が見えますよ!思ったより小さいんですね~」



お土産屋のおばちゃん「シンハコダテホクトエキノケンシロウゾウー」フリフリ

成香「も、もう…///

   あ、あの買えました…はい」

明華「わあ、ありがとうございます♪

   ところで、どんなお話をされていたのですか?」

成香「はわっ!?え、えっと…!」


京太郎「うほっ、思った以上にうまそう!ヒャア、我慢できねぇ!」ポリポリモグモグ

明華「あっ、京太郎!もう、先に食べちゃうなんて!私があーんをしてあげたかったのに~」プクー


京太郎「いやだっておいしいんですもん、ほら!
    イカと数の子に辛味のある醤油がよくきいてて、風味が豊かでご飯がほしくなりますよ!

明華「まあ!こんなに数の子を贅沢にいれるなんて! 
   あっ、本当です!とってもおいしくて母国語がでちゃいそうです!ボーノ♪」

京太郎「それイタリア語……」


成香「…/////」


明華「あら?どうかされましたか?一緒に食べましょう~」

京太郎「ほら、成香さん!」


成香「あ…は、はい!」




お土産屋のおばちゃん『いらっしゃい』

成香『松前漬けをください』

お土産屋のおばちゃん『はーい、ねえ後ろの男の子と女の子って…はっはーん、三角関係ってやつね』ツンツン

成香『え、あの…///』カァー


お土産屋のおばちゃん『頑張りなさーい、あたしはあんたの恋を応援するからねー』フリフリ



成香(ありがとうございます…本内成香、頑張ります!)フンス



少女はまた一歩、大人になる…



まとまりのないまま カンッ