憧「むむむ…」

京太郎「唸り声をあげながら食堂のメニューガン見して…どしたん憧?」

憧「あ、京太郎」

京太郎「よう、何やってんだ?」

憧「あぁ、これ?今日は何食べようかと思ってね…」

京太郎「そんなに真剣に悩むようなもんかぁ?んなもんパパっと決めちまえば…」

憧「アンタさてはバカね?救いようのない類いの」

京太郎「なんで昼飯のメニューでそんなこと言われるのぉ!?」

憧「如何に様々な栄養を取り入れつつかつ余分なエネルギー摂取を抑えて、さらに満足感を味わうかって成長期の女の子にとって最大の命題…

  しかもその中で最も難しいと言われるお昼ご飯にたいして言うに事欠いて『テキトーに決めれば?』なんてほざくとか極刑でも足りないわ!」

京太郎「お、おう…?」

憧「そりゃ男は良いわよねぇ!好きに食べて好きに遊べば大体身体作りは終わってるものねぇ!」

京太郎「あ、憧?」

憧「でもねぇ、女の子ってのはねぇ!体重・体調管理、スキンケア、コミュニティ形成、ファッション研究、加えて学業に部活!時間がいくらあっても足りないのよわかる!?」バンバン

京太郎「憧さん、落ち着いて」

憧「お昼ご飯の満足感は気分転換用のおやつを食べ過ぎないためにも必要なのよ!それを!!アンタは!!!適当にだぁ!!??」バンバンバン

京太郎「わかった、わかった。落ち着いて。ビークール」どうどう

憧「ぜぇ…ぜぇ…」

京太郎「……」

憧「……決めた。今日はガッツリ行くわよ、肉」

京太郎「肉?」

憧「部位や食べ方に気を付ければ野菜を下手に採るよりもヘルシーで済むの。気分の切り替えもできるしね」

京太郎「…さいですか」

憧「アンタも付き合いなさいよ」

京太郎「何で俺も…」

憧「あぁん?」

京太郎「喜んで同伴させていただきます、マム!」

カンッ