京太郎「やれやれ……麻雀の本を夢中になって読んでたらすっかり日が暮れちまった……早く帰らないと…ん?部室に誰かいるな…」

照「………」ペラッ・・・ペラッ・・・

京太郎「何をやってるんですか照さん?」

照「あっ………京ちゃん…」

京太郎「それは…強豪校の牌譜ですか?」

照「うん……そろそろ大会も近いから………」

京太郎「チャンプである照さんがこんな遅くまで牌譜を読んでいるなんて……」

照「………ふふっ。おかしいよね?私が他校を気にして牌譜を読むなんて事……」

京太郎「そ、そんな事ないですよ!照さんの努力を笑うなんて───!」

京太郎(脳内)『照さんが努力している→照さんが頑張っている→テルテル頑張っ"テル"ん』

京太郎「ブウッ!」

照「し、失礼ね!!」カアア・・・

カンッ