久「トッポとポッキー?」

京太郎「ええ、どっちが好きかって話なんですけど」

久「どっちも好きよ?」

京太郎「俺もです。でもそれじゃ話進まないんで…」

久「んー…そうねぇ…どちらかと言うとトッポかしら」

京太郎「へー。その心は?」

久「手が汚れない」

京太郎「あー…」

久「ポッキーもそうだって言うかもしれないけどあれお皿に盛ったときに無意識で掴むとチョコが手に付いちゃうこと多いのよね…」

京太郎「皿ですか?グラスとかに入れればいい話じゃ…」

久「やーよ、それだとポテチと一緒に食べらんないじゃない。甘いのしょっぱいのを交互に食べるのが好きなの」

京太郎「さいですか……んん?」

久「なに?」

京太郎「や、手が汚れるのが嫌ってさっき…」

久「見た目の問題よ。塩はパッと見じゃ判らないけどチョコはもう、ほら…見たまんまじゃない」

京太郎「まぁ確かに…」

久「お菓子を食べるぞーって時には間違わないけどお菓子って大体何かしらの作業しながら食べるじゃない?」

京太郎「食器使わないからこぼす心配ありませんしねぇ」

久「だから『ながら作業』の時は大体トッポねー。もちろん気分の問題だからポッキー食べるときもあるけど」

京太郎「へー…」

久「ちなみにポッキーは極細派ね。食べやすいし数多いしで最高にグレートってやつよ」

京太郎「わかります」

久「…お菓子の話してたら小腹すいてきたわね。ちょっとパフェでも食べに行きましょうか」

京太郎「今までの話関係無くなっちゃったんですけど」

久「お菓子なんて家ででも部室ででもいつでも食べられるでしょう。パフェはお店でしか食べらんないのよ?雰囲気的にも器的にも」

京太郎「パフェグラス、どこの家でもそうそう置いてませんもんね…」

久「ちょっと憧れる響きだけどね、家パフェ」

京太郎「材料と器材があれば出来なくはないんですけどね」

久「…材料費出すから今度作ってくれない?」

京太郎「器材高いんでまた別の機会に」

久「器材費も出すからァ!」

京太郎「どんだけ食いたいんですかアンタ」

カンッ