姫子「どっち!」

哩「どっち!」

京太郎「……えっと」

煌「おやおや……なんですこれ?」

仁美「ポッ○ーか」

美子「トッ○か」

煌「なるほど……また無益な争いがってことですか」


姫子「トッ○!」

哩「ポッ○ーやけん!」

京太郎(どっちも好きなんだけど……両方じゃ駄目だよな)


煌「お困りですね」

仁美「んっ……正直どっちでもよか」

美子「なんだけど……そうはいかないからね」

京太郎「う~ん……」

姫子(こんままじゃ、駄目。好いとーと言わせんと……そうだ!)

姫子「京太郎、あーん!」

哩「ずるか!」

京太郎「(味わって決めろってことか……)頂きます」

姫子「そこでストップ!」

京太郎「うむ?(まだ端っこしか食べてないんだけど)」

姫子「あむっ♪」

京太郎(端っこを食べた!これって!!)

哩「!?」


姫子「……ちゅ」

京太郎「むぐっ!?」

哩「あーっ、あーっ!」

京太郎「はぁ……やられた」


目の前には姫子先輩の顔だけが映り込む。

すぐに離れようとするも腕を首に回され動けない。

どうやら策に嵌ったようだ。


姫子「うん……京太郎、どっちが好いとー?」

京太郎「俺は……」


結局この後、決着が付き哩先輩が拗ねた。

それを姫子先輩と慌てて慰めたのは別のお話だ。


カンッ!