京太郎(よし!こんな感じで良いか。一応ハギヨシさんの教えてくれたレシピ通りに作ったけど大丈夫だよな?)

京太郎(ハギヨシさんや龍門淵さんは褒めてくれるけど欠点とか言ってくれないから心配なんだよなぁ)ウーム

京太郎(この際風越の吉留さんや池田さん、鶴賀の加治木さんや桃子にでも味見してもらうか。皆に合格貰えれば清澄の皆や福路さんの差し入れにもなるし)

照智「「」」ジー

京太郎(と、なるともう少し作るか…ん?)

京太郎「あの、なにか?」

照「すいません。近くを通りかかったら良い匂いがしたので…」クー

智葉「すまない。君が大量の食材を持っていたのを見かけて興味が出てな」クー

照「あっ///」

智葉「くっ///」

京太郎(何だこの人達?赤い髪の人は何処と無く咲に似てる気がするけど)

京太郎「あの…良かったら試食してもらえませんか?」

照「いいんですか?」

智葉「いいのか?」

京太郎「はい。丁度他の人の意見も欲しかったのでお願いします」ニコ

照(請求した感じになっちゃったけど悪い事したかな)

智葉(つい食べ物に釣られて着てしまったが後で材料費くらいは支払わないとな)

京太郎「まずはシフォンケーキをどうぞ」コト

照(…甘くていい香りがする)

照「…ん」ハム

照(口の中でとけていくクリームの甘みフワフワとしたスポンジのハーモニー)

京太郎「ミルフィーユトライフルです」コト

智葉「今度はミルフィーユか」ハム

智葉(なんだ!?このサクサク感は…いうなればそうサクサク!!しかもトライフル仕立てで間にあるフルーツを引き立てる憎い構成…!!)

京太郎「ホワイトチョコのムースです」コト

照(はっ!?こんなに美味しいお菓子でも確かこの人は学校紹介で咲と一緒に映ってた人つまりは敵!!こんなんで懐柔されたらだめ!嘘でも美味しくないって言わないと)ハム

照(チョコムースに入ってる苺の風味が濃くて…土台のスポンジに染み込んだシロップが口の中で溶け合うように馴染んでいく)

京太郎「セミフレッドです」コト

智葉(くっ…先ほど同様高クオリティな一品!しかし様々なお菓子を食べてきた私がこの程度で屈するなどあるはずが…)ハム

智葉(食感の差がスプーンを刺すだけで分かる…そしてこの生クリームとカスタードの舌触りと果物の酸味がスイートでまろやか)

京太郎「…どうですか?」

照「凄くおいしかった。あとお婿に来てください!毎日私にお菓子を作ってください」

京太郎「へ?」

智葉「私も宮永と同意見だ。宮永ではなく私と生涯を一緒に過ごしてくれ」

京太郎「え?」


カン






数時間後

咲「…京ちゃん何でおねえちゃんと一緒にいるのかな?」

京太郎「この人お前のお姉さんだったのか。どうりで何となく似てるわけだ」

照「京ちゃん?須賀君咲とは付き合い長いの?」

京太郎「咲とは小3からの付き合いですね」

照「そうなんだ。なら私も京ちゃんって呼ぶね?」

咲「な!?」

智葉「ふむ…このタコス中々いけるな。特にソースがいい」

優希「あー!私のタコスが卓につけ!!」

もう一個カン