久「うーん…うーーーん…ん゛あ゛ぁ~~~~~……」

京太郎「…どうしたんすか?女子高生があげるべきじゃないうなり声してましたけど」

久「あら、須賀くん。どしたのこんなところで」

京太郎「どうしたってのはこっちの台詞なんですがね…あんな唸り声あげちゃって、親友でも見なかったことにしたいぐらいに奇っ怪だったんですけど」

久「あら、それでも声かけてくれたってことはそれ以上の関係だと思ってくれてるってことでいいのかしら」

京太郎「否定はしませんよ。肯定もしませんけど…で、結局なんだったんです?」

久「それなんだけどね…ハンバーグを食べに行ったのよ、この前」

京太郎「ハンバーグ?」

久「割りと好物なの。美味しいお店探して歩き回るくらいにはね」

京太郎「へえ…」

久「子供っぽいかしら?」

京太郎「子供だ大人だと考える方が子供っぽいと思いますよ」

久「そ。それで、そのお店で食べたハンバーグなんだけどね…こう、なんていうか…」

京太郎「不味かった?」

久「いえ、不味くはなかったの。というか普通に美味しかったのよ、ハンバーグは」

京太郎「つまり他が?」

久「まずね、付け合わせの野菜、もやしだったの」

京太郎「もやしが美味しくなかった?」

久「いえ、そうじゃないの。もやしは普通に美味しかったの。でもね…水っぽいのよ、もやしって」

京太郎「………あっ、あぁぁ~……」

久「わかる…?」

京太郎「せっかくのソースが…」

久「…うん、水っぽくなった」

京太郎「『ん゛あ゛ぁ~』の気持ちがわかりましたよ…そりゃ『ん゛あ゛ぁ~』って言いたくもなりますわ」

久「そう!そうなの!わかる!?どっちも美味しいからこその台無しになった瞬間の『ん゛あ゛ぁ~
』!」バンバンバン

京太郎「わかります、わかりますから抑えて抑えて」

久「肉汁とソースをからめてご飯にワンバウンドさせてからぱくりといきたかった私の気持ちがわかる?最後の方肉の味しかしなかったわよ。それはそれで美味しかったけど」

京太郎「美味しかったのは美味しかったんですね」

久「だからこその『ん゛あ゛ぁ~!』なのよ!こんなの藤原竜也るしかないじゃない!」バンバン

京太郎「だから落ちつ…藤原竜也るって何ですかいや意味はわかりますけど」

久「それで美味しかったからそこまで不満はないんだけど払ったお金分の満足したのかがいまいちわかんないからずっともやもや~っとね…」

京太郎「とりあえず唸ってた理由はわかりましたけど…」

久「…何?」

京太郎「いや、案外細かいんだなぁって」

久「当たり前じゃない、こちとら華の女子高生よ?満足求めてなんぼよ、私の場合特にご飯に関してはね」

京太郎「ははっ、そこだけ聞いたら男子と変わんないじゃないすか」

久「それなりに食べるし間違ってはないかもね…なんだか癪だけど」

京太郎「まぁまぁ、今度俺のおすすめのハンバーグ屋に連れていきますから。勘弁してください」

久「ふんむ…明日ね!」

京太郎「はい、明日…明日!?」

久「何?駄目なの?」

京太郎「駄目ではないですけど…食べたんですよね?この前」

久「うん。ていうか昨日ね」

京太郎「昨日!?」

久「良いじゃない、『善は急げ』よ。ご飯だけに」

京太郎「…あぁ、膳ってことですか…わかりましたよ。あんまり期待はしないでくださいね」

久「美味しくなかったら奢りね!」

京太郎「あっ、それずりぃ!全部そっちの裁量じゃないですか!」

久「知らなーい!じゃねー!」タタタ

京太郎「ちょっ、久さーーん!?」

カンッ


翌日、件のハンバーグ屋にて



久「ん゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛~~…!」

京太郎「今度はどういった唸りで?」

久「一昨日より美味しかったから支払いはやぶさかではないんだけど一昨日より安いのが嬉しいのにもやもやするの~…!」

京太郎「飯屋巡りではよくあることですねぇ…」

モイッコカンッ