「ほらほら、京ちゃんこっち」

「わかったから引っ張るなって」

「座って、座って?」

「また本を読むのか?」

「いいじゃん。好きなんだもん」


そう言うと彼もバッグの中から本を取り出して、原っぱの上に腰を下ろす。


私の座る位置にハンカチを敷いてくれた心遣いが嬉しい。


あぁ、ダメだ。


ぜったいニヤニヤしちゃってる。


持ってきた本で顔を隠して、胸の高鳴りを必死に抑えて、ゆっくりと倒れこむ。

京ちゃんの大きな背中にもたれかかって、お日様の光を浴びながら、ゆっくり時間が進む。


私はこの時間が好きだ。


中学で知り合い、友だちになって、仲を深めて……そうして得た場所。


私だけの特別な、世界で一人だけが許された居場所。


京ちゃんの背中は温かい。


体温が服越しにでも伝わって、時々眠くなってしまう。


寝ちゃったこともあったけど、彼は苦笑いしながら頭を撫でてくれる。


そんな優しい時間が私は好き。

ページをめくる音。


紙に染み付いた特有の匂い。


柔らかな陽射し。


そよぐ涼風。


彼の体温。


私の想い。


全部がこの時間を成していて、一つでも欠けたらきっと輝かない。


幸せ。


そう、きっと今の気持ちは幸せで溢れている。


だから、少しでも彼にそれを分けてあげたくて。


「京ちゃん」

「なに?」

「好きだよ」

「……っ」


京ちゃんは面食らって、頬を照れくさそうにかいて、視線をあちこちへと移して――



「……俺も好きだよ」


向き直ると、笑って、そう言葉を返してくれた。


カンっ!