竜華「さーて、この浮気者をどうしてあげたろうかなぁ。ん?京太郎」

京太郎「聞いて下さい!あれは誤解なんですって。俺はただ一緒に買い物を……うあっ!?」ビクン

竜華「なぁ、このたくましい胸板は誰のモンや?言ってみいや京太郎?」ナデナデ…

京太郎「り、竜華さんのものです」

竜華「よろしい、じゃあこの引き締まった腹筋は誰のモンや?」ナデナデ

京太郎「それも竜華さんのものです!」

竜華「うんうん。京太郎は本当にええ子やなぁ。なら……」スッ…

京太郎「ひっ!」ビクン

竜華「今、ウチに撫でられてズボンの中で大きくなってる"これ"は一体誰のモノや?はっきり答えや、京太郎」ナデナデ…

京太郎「竜華さんのモノです!いえ俺の全てがあなたの物です!」ビクンビクン

竜華「そうや、解っているやないか京太郎。京太郎の全てはウチのモノや。この唇も、手も、何からなにまで……本当に愛おしいで」トロン…

京太郎「りゅうか……さん…!ハァ……ハァ…!」

竜華「どうしたんや京太郎、苦しいんか?辛いんか?早くここに溜まった性欲をウチの身体にぶつけたいんか?しかしウチの方がもっと辛かったんやで?
よりによって姫松の愛宕絹恵に誘惑されてホイホイついていくなんて……。京太郎にはウチがいるのに……」

京太郎「竜華さん…すいません…!これから気をつけますから…!」

竜華「それは本当か京太郎?」

京太郎「はい、本当です!ち、誓います!もう他の女の子に誘われても絶対に断ります!」

竜華「そう…そこまで言うなら京太郎を信じたるわ。ほら…ご褒美やで」タプン

京太郎「あ…ああ…!」ブルブル

竜華「くすっ…そんなに嬉しそうに震えて…。京太郎は本当にウチのおっぱいが好きなんやなぁ。ええよ…いつもみたいに甘えても…」ムニュ…

京太郎「ん……ちゅ……竜華さん…竜華さん……」チュウチュウ…

竜華「あはっ…♪まるで赤ちゃんみたいや……あんっ…♪」ウットリ…

姦っ