京太郎「和、揉ませてくれ!」

和「セクハラで訴えますよ?」

京太郎「くっ、どうしてもダメか? この通りだ」

和「いやいや、土下座してまで頼むとか須賀くんにはプライドがないんですか?」

京太郎「俺は夢のためなら幾らだって頭を下げるぞ!!」

和「バカじゃないですか!?」

京太郎「お願いします!」

和(私は何でこんな人が気になるんですかね……)

和「はあぁ、どうせ須賀くんは大きなおっぱいを持つ人なら誰でも良いんでしょう?」

京太郎「…………」

和「そこは否定する所じゃないんですか!?」

京太郎「和に嘘はつけない! 目の前に大きなおっぱいがあったら揉みたくなるのが俺なんだ」

和「最低ですね」

京太郎「それでも揉みたいんです」

和「はあ、須賀くんは私の胸をどうしても触りたいんですか?」

京太郎「触れるだけじゃなく、掴んで、揉んで、ペロペロしたり、チュパチュパして、挟んだり、ぶっかけたりしたいです」

和「えっ?」

京太郎「ん?」

和(想像以上に過激でした)

京太郎「俺は何をすれば和の胸を弄べるんだ?」

和「一つ聞きたいんですが、須賀くんは私のことが好きなんですか?」

京太郎「俺が和を好きかだって?」

和(も、もし、彼が私のことを好きなら)ドキドキ

京太郎「和は凄く可愛いし、家庭的な面もあって良いよな。正直言えば欲情しちまうスケベな身体だし、好みのタイプとしてはドストライクさ」

和「そ、それじゃあ?」

京太郎「はは、でも大丈夫だ。俺は和がレズだって知ってるからな」

和「」ピキ

京太郎「和が女の子を好きだって知ってるけど、今回はダメ元で頼んでみたんだ。やっぱダメだよな……はあ、残念だけど諦めるよ……ごめんな」

和「ま、待ってください!」

京太郎「服を放してくれ、大丈夫だ安心しろ。和の秘密は他言しないからさ」

和「いやいや、私はレズじゃありません!!」

京太郎「ハハハ、真実を知っている俺相手に取り繕う必要はないんだぞ?」

和「本当にノーマルなんです! 私は異性愛者でヘテロなんですってば!!」

京太郎「ふう、尻尾が出ちまってるぞ。普通の人はヘテロなんて要語は知らないし、使わないんだ……」

和(ダメですね……須賀くんは完全に私をレズだと信じてます……どうすれば?)

和「そ、そうです! 須賀くん、私の胸を触ってください!!」

京太郎「無理するなよ……嫌がっている子に無理矢理するのは好きじゃないんだよ」

和「本当は触りたいんでしょう!? 私の胸を自由にして良いですから、お願いします!!」

京太郎「和、もっと自分を大切にしろよ。俺じゃなかったら襲われてるぞ?」

和(何で無駄に紳士ぶるんですか?!)

京太郎「じゃあな、和」

和「須賀くぅーーーーんッ!!」

 この後、レズ疑惑を晴らそうと奮闘する和と紳士然に受け流す京太郎の姿が頻繁に見受けられたとか。


カンッ!