清澄高校が全国大会で優勝してもう十年以上が経ちました。

みんながそれぞれの道へと進み、私も現在は夢をかなえ、幸せな生活を送っています。

先生でも、プロ雀士でもなく、もっとも自分にとって縁遠いと思っていたものです

「よいしょっ……」

たった今、切り終えたスイカをお盆の上に乗せて運ぶ。

あの人は塩をかけて食べるのが好きだからそれも忘れずに。

リビングからベランダへ移動すると、はしゃぐ子供の声と一人の男性の声が聞こえてきます。楽しげな様子は見なくてもわかるくらいに。

窓を開けて庭へ出ると、真っ先に子供が気づきました。

「おかーさん!」
「わっ、スイカだー!」
「はいはい。ちゃんと体を拭いてから来てくださいね」
『はーい!』

真夏と言うこともあり、家庭用プールで遊んでいた兄妹こどもたち。

元気のいい返事をして置いてあったバスタオルで体をふき合っています。

そのあとに続く形で相手をしていた男性――私の旦那様もこちらへと歩み寄ってきました。

「お疲れさまです」


そう言ってタオルを渡すと彼はニコリと笑ってお礼を言ってくれます。


「ありがとう、和」
「いえ、これも妻の役目ですから――京太郎くん」


そう、私のパートナーは同じ高校で同じ部活に所属していた須賀京太郎くん。

高校卒業と同時に交際を始め、そのままお互いに就職が決まって結婚。

もう6年目ですから時間が過ぎるのは早いものですね。


「あ、その呼び方懐かしいな。子供が出来てからは『あなた』だったのに」
「子供の前で名前呼びはちょっと……」
「俺はいいと思うけどなぁ。和らしいといえば和らしいけど。真面目ところがなー」


タオルを首にかけるとヒンヤリと冷たい手で頬をこねくり回してきました。

私もお返しとばかりに彼の頬を引っ張ります。

「もうっ。からかわないでください」


ぐりぐりとしていると、体をふき終えた子供たちが彼の体をよじ登ります。


「あー! パパ、またお母さんをいじめてるー!」
「やっつけちゃえー!」
「違うぞ、息子娘よ、これはスキンシップで――うおぉっ!?」


後ろから抱き着かれた彼は不意を突かれたこともあり、倒れてしまう。

二人とも楽しそう。

……ちょっとうらやましい。戯れる子供達と京太郎くんはとてもいい笑顔です。

私も混ざりたいと思うのは……恥ずかしいことでしょうか。

ジッと見つめていると彼にも流石に気づかれてしまい、苦笑されます。


「もしかして、和。……嫉妬してる?」
「な、なななっ。そんなオカルトありえましぇん!」
「動揺してる和も可愛いなぁ」
「はうっ」


京太郎くんは子供たちをものともせずに起き上がると私の体を抱きしめる。

たくましい腕に優しく包まれる。

家族みんなが輪になっていました。

「パパー。私も可愛い?」
「おう、可愛いぞー」
「俺は!? かっこいい!?」
「おう、もちろん」
「…………わ、私は?」
「世界一愛しているよ、和」
「ふえっ」
「あー、ママ、顔真っ赤―!」
「照れてるー!」
「あ、あなたたちっ」
「あっはっは! みんな大好きだぞー!」


そう言って彼は腕に加える力を強くする。

彼も、子供達も、当然……私も。

みんなが笑っていて、心が満たされて、温かくて……。

――私は今、とても幸せです。

――という夢で目覚めて悶える京和ください

京キャプをやっているから今は書けないんじゃ~(宣伝)

おやすミョンファ