Side 京太郎

最近違和感を感じる

何かこれと言った感覚ではないのだが、違和感

例えるならそう、大事な物が少しずつ少しずつ消えていくような...

Day Part

「京太郎さーん!」フリフリ

「神代さん!最近よくあいますねぇ」

「京太郎さん?せめて小蒔さんって呼んで下さい、寂しいじゃないですか」

「あはは...すみません、先輩を名前で呼ぶのは慣れないもので」ペッコリン

「小蒔さん、こんにちは」

「はい!こんにちは!」ニパー

「折角こうやって会えたんですし、今日もどこか行きませんか?」

「いいですよ、今日はどこに行きましょうか」

「えっと、じゃあ.......

Night Part

「いやー、遊びましたね」

「もう良い時間ですし、そろそろ帰りましょうか...小蒔さん?」

「...京太郎さん、もうちょっとだけ、一緒にいられませんか?」

「いや、流石にまだ大会がありますし、みんなも心配するでしょうから帰りましょう?」(...みんな?みんなって...まぁいいか)

「しょうがないです...またあったら、今日みたいに一緒に遊んで下さいね?」

「ええ、是非」

「その時は石戸さんたちも一緒だと良いですね!」

「...ええ」

「では、ここで失礼しますね、大会がんばってください!」

「はい、がんばります」ニコッ




Side 小蒔

...いらない
きょうたろうさんのまわりにあるじゃまなものはいらない
おさななじみも
ちーむめいとも
いらない
うふふ
すこしさびしいかもだけど
きょうたろうさんをゆうわくするかすみちゃんもいらない
いらないいらない
うふふふふふふふ




「まただ、また何か...」


カンッ!