あなたは決して私を許しはしないのかもしれない。

 振り向いては貰えなくとも、手放す気はありません。

 私以外の人に微笑み、愛想を振り撒くあなたをもう見たくはないんです。

「京太郎さん、恨んでますか?」

 私の言葉で彼の心が激しく揺れる。

 熱を帯びた鋭い瞳に射抜かれれば、心臓が高鳴ってしまうことを止められない。

 私に反応する、どんな微細なものでもとても嬉しく思ってしまう。

「俺が此処にいる理由をお前は知ってるよな、小蒔?」

「はい。私が望み、京太郎さんが承諾したからです」

 私はこの世に産声をあげたときから特別でした。

 霧島にて神を祀る一族、その本家。

 神を降ろす者。

 生まれた瞬間から決められたレールの上を歩き続ける宿命に不満はなかったんです。

 将来の夢を見ることは許されず、自由に友人を作ることも出来ず、趣味の麻雀も修行と言う側面が存在したからこそ認められた。

 それでもそのことに疑問を挟むことなく生きていられました。

「どんな手段を使っても私はあなたが欲しかった」

 人生で最初で最後の我儘。

 他の全てを犠牲にしても手に入れたかった。

 あなたに出会って私は知ってしまったのだから。

「お前はこんなことをする子じゃなかったはずだ!」

 もう知らない頃の私には戻れません。

 それが京太郎さんに望まれていようと、失望させてしまったとしても無理なんです。

「私はこうして京太郎さんが手に入り幸せですよ」

 彼の友人を脅迫の材料に使いました。

 彼の両親には子供をお金で売るように仕向けました。

「愛してます」

「俺は……」

 力なく項垂れた彼は私を拒まない。

 今日も交わりましょう。

 ここは私とあなたのための神境。

 私を愛してくれるまでずっと二人きり、俗世の全てを忘れて戯れましょう。

 邪魔するものは誰もいません。

 誰もいないんですから。


カンッ!