京太郎「爽先輩が?悩んでた?」

誓子「うん、京太郎くんが助けてあげたほうがいいと思うんだ」クスクス

揺杏「あれは悩んでたねー、今回は京太郎にしか助けられなさそうだし」ニヤニヤ

京太郎「……なんで笑ってるんだ」



京太郎「それで、こんなところにいたんですか爽先輩」

爽「えっ京太郎!?な、なんでここに!?」ビクッ

京太郎「屋上に一人で悩みごと、ザ・青春って感じっすね」

爽「ゆ、揺杏とチカだな!?あいつら~……!」

京太郎「俺にしか助けられないって言われたんですけど?」

爽「そ、そりゃあだって……悩みの元凶に言えるわけないじゃん……!///」ボソボソ

京太郎「?」

爽「いやもう大丈夫、京太郎が心配することないって!時間を置いてくれれば……」

京太郎「嫌っす!爽先輩の為になるなら、いくらでも俺を頼ってください!」キリッ

爽(うーわー今は要らないよその正義感!すごく嬉しいけど!くそっ!///)

京太郎「悩んだ時ってよく屋上に来るんですか?」

爽「いや、一人で悩む経験がなくって……ってよく場所がわかったな?」

京太郎「探し回りましたよ!三年の教室にもいなかったですし」

爽「げっ、教室行ったのか。クラスの人に嫌な顔されただろ?」

京太郎「え?まぁ……な、なんとなく」

爽「別に隠さなくてもいいって、なんて言われた?」

京太郎「……『知らなーい』と。なんか知ったこっちゃないみたいなニュアンスでしたけど」

爽「避けられてるんだ、もう慣れっこだけど」

京太郎「それが悩みの原因っすか?」

爽「全然!チカとか揺杏とか部活のみんなのおかげでさ、毎日楽しいよ!」

京太郎「ほっ……あー、避けられてる理由は、聞いても?」

爽「んー言ってもいいけど、絶対信じないからやめとく」

京太郎「信じますよ」

爽「……へっ?」

京太郎「麻雀部の一員になってまだ日は浅いですけど……俺にも信じさせて下さい、爽先輩」キリリッ

爽「っ……は、話すからそれ以上はヤメテ……!///」カァァッ

京太郎「なにかフクザツな理由でもあるんですか?」

爽「……助けてもらうんだ」

京太郎「……?」

爽「事故とか事件に巻き込まれても、助けてもらえるんだ。昔はやんちゃだったなぁ」

京太郎「……もしかして爽先輩が麻雀強い理由って、それが関係してるんですか?」

爽「まぁねー、詳しいことは揺杏とかに聞いてみればいいよ」

京太郎「あー……じゃあ今回の悩みっていうのは」

爽「うん、私自身が決めないといけない話だから……はぁーあ」ドヨーン

京太郎「んー助けてもらえない悩みというと、例えば恋とかですか?」ズバァッ

爽「ぶっ!?///」ドキッ

京太郎「はっはーん……」ニヤリ

爽「ちっ違う!そんな人、いるわけないじゃん!///」

京太郎「その好きな人、ものすごく近くにいる人でしょう!さては同じ部活内に?」ズババァッ

爽「な!?な、なんで今日はそんなに鋭いんだ!?///」ドキドキ

京太郎「ん?でもその場合……男子って俺しかいねーし、違うなコレ」

爽「あれ!?やっぱり鈍かった!」ガーン

京太郎「となると何だろう、全然見当がつかないっす」

爽「はぁー……なーんか私の方がバカバカしくなってきたわ」

京太郎「なんか俺……全然役に立ってないですよね」ショボーン

爽「そ、そんなことないって!今のバカ話でもう、吹っ切れたーって感じ」

京太郎「問題は解決しそうですか?」

爽「うん、京太郎のおかげで、ね!」ニコッ

京太郎「まぁそれならよかったっすけど」

爽「そう、ずっと、このままでも……」ボソッ

京太郎「え?」

爽「んーん、別に……よっと!」スタッ

京太郎「ちょっ!危ないっすよそんな端っこ!」

爽「大丈夫だって助けてもらえるから!信じてくれるんでしょ?私のこと!」

京太郎「信じます!でも」

爽「なんなら飛び降りてみようか?」クルッ

京太郎「ッ……!」

爽「いっ、せー、のっ!」

爽「………………って、あら?」プラーン

京太郎「重ッ……くねぇな!?軽っ!」グイッ

爽「……そんなことしなくても、大丈夫だって言ったのに」ポツリ

京太郎「やんちゃは昔の話じゃなかったんですか!?はぁっ、神経使ったー……」

爽「信じてくれるんじゃなかったの?京太郎」

京太郎「いや、その………………俺が」

爽「え」

京太郎「俺が、助けます。今日からは」

爽「……~~~ッ!!?///」ボフンッ

京太郎「……それでいいですか?」

爽「っ、う、うん……そうして……///」ギュッ

京太郎「……あの、今は地上っすよ?手はもういいんじゃないですか」

爽「いや、ずっと、このまま……///」

その後の部活の爽先輩は、いつもより麻雀が弱かった。

カンッ