淡「ねえ、テルー。どうしてあんなん相手にしてんの? あいつ弱いじゃんっ」

淡「私、あいつ相手だったら、100回やって100回勝てる自信があるんだけど」

照「そうだね。京ちゃん相手なら100連勝もできるかも」

照「99連敗して心が折れずに卓につける人が弱いと思う?」

照「もしも私が、本気で飛ばしにかかったら、淡は何連敗まで我慢できる?」

淡「…そんなんわかんないっ。だって私、テルくらいにしか敗けないし」

照「誠子に山を丸くされて和了れなくて泣いてたのは」

淡「ノーカン! あんなんズルだもんっ、誠子ずるいっ」

照「ね、あわい。あなた、誠子のこと大好きでしょう」

照「誠子も、尭深も、菫も。私たちとずっと一緒にいてくれる」

照「私にとっては、京ちゃんも同じ」

照「技術もなければ運もないけど。京ちゃんは、何度飛ばしても私たちから逃げないよ」

淡「ふーん。それ、ほんと? 試してもいい? テルまで嫌われたって知らないよっ」

淡「よーしっ。須賀京太郎、100回倒す!」