竹井久宅

久「う~ん…」

久「気になってしょうがないわ…」

久「おどかそうとしただけなのに…はぁ…」

久「忙しくてその…アレも出来ない位なんて…色々頼みすぎたかしら…」

久「今度からは少し控えましょ…」

久「いやそれより…」

『誠「定期的にやらないと体壊すぞー」』

久「あれは本当なのかしら…」

久「男の子の事情なんて詳しくないし…」

久「本人に直接聞くわけにもいかないし…」

久「でもこれで体壊したりしたら完全に私のせいよね…」

久「…」

久「よし決めた!」

久「私が須賀君にオカズを提供するわ!」

久「とは言ってもどうしたらいいのかしら…?」

久「やっぱり水着とか下着とか…?」

久「撮るのはスマホでいいわよね」

久「確かコンビニに置いてある本は…制服もあったはず…」

久「とりあえず制服で撮ってみよ…」

パシャ

久「す、少しスカートたくしあげて…」

パシャ

久「う、上もちょっとはだけて…ブラがちょっと見えるくらいに…」

パシャ

久「須賀君は胸が好きだから多目に…」

パシャ

久「も、もうちょっと脱いで…」

パシャ



後日 部室

久「す、須賀君ちょっと…」

京太郎「どうしました?部長」

久「こ、これあげるわ!」

京太郎「何ですかこの袋?」

久「わ、私からのちょっとした贈り物よ!家に帰って一人の時に開けなさい!」

京太郎「はぁ…分かりました」

久「た、足りなくなったら言ってね!私頑張るから!」

京太郎「?」

京太郎「分かりました。じゃあ俺そろそろ帰りますね」

久「う、うん…気を付けてね」

京太郎「じゃお疲れさまでした」

バタン

久「須賀君…喜んでくれるかしら」

なお京太郎は困惑しながらも大喜びで最高記録を達成したとか

カンッ