何時からだろう。

 彼女が彼を見る眼差しに特別な色が混ざり始めたのは、いったい何時からだったのだろうか。

 そうなる前に動いていたのなら、違っていたのかは分からない。

「呼び出してごめんなさい、咲さん、ゆーき」

 風に靡く桃色の髪、緊張と憂いを含みながらもはっきりと私たちを見据えていた。

 話を切り出すタイミングを計り、開きかけては閉じられる唇。

 沈黙に焦れたのか優希ちゃんが用件を問いただす。

「何の用だじぇ、のどちゃん?」

 親友の問いに背中を押されたように、彼女は決意を込めて口を開いた。

「明日、私は須賀君に告白します」

 ビシリっと空気に亀裂が走った気がした。

 心の中を吹き荒れる嵐を前に、私は諦観を覚える。

 この日が来ることを私は予感していた。

 彼女の顔に恋慕の情が見え隠れしていることに気づいた時から、分かっていたことだ。

 日に日に大きくなり、恋に溺れ、綺麗になっていく彼女を私はずっと見ていた。

 美人で料理も上手く、お嫁さんになることが夢だったり、可愛らしい趣味を持つ女の子。

 一目見たときから、私は彼女に勝てないと思っていた。

「の、どちゃんは、京太郎が……好きなのか?」

 激しく動揺する優希ちゃんを打ち据える。

「はい」

 その肯定の一言には、真摯な想いが込められている気がした。

 私と優希ちゃんには負けない、譲る気はないのだと彼女の目は物語る。

「二人も彼のことが好きですよね?」

「昔からね」

 私が彼女の想いに気づいたように、彼女も私の心の内が透けて見えていたのだろう。

「さ、咲ちゃんも!?」

 この場で知らなかったのは唯一人だけだ。

「二人は大切な友達ですが、私は彼を選びます。だけど、彼のことを好きになったのは一番最後ですから……」

「だから、私たちに告白する機会をくれるんだね?」

「…………」

 沈黙の肯定。

 そして、彼女は踵を返して校舎の方へと歩いていく。

 優希ちゃんは頭を抱えてその場で蹲り、どうすれば良いのかと悩み始める。

 対して私は、去り行く和ちゃんの背中を眺めていた。

 彼女は残酷だ。

 優しくも甘いその心根は、私たちを打ちのめす。

 何も報せずに、京ちゃんを奪っていけば良いのに、それを由としない。

 そんな態度を取られては恨むことも難しい。

 私たちには、このまま何もせずに恋を終えるか、玉砕するか二者択一の道しか残されていないのだから。

「咲ちゃんは、……どうするんだじぇ?」

 捨てられた犬のように怯えながら、優希ちゃんは尋ねる。

「私は何もしないよ」

「……後悔はしないのか?」

 私は和ちゃんに勝てない。

 京ちゃんに私が告白しても、振られる未来が見えている。

 悔しいよ、悲しいよ、それでも、私はきっとその感情を殺して、隠す。

「何度も苦しんで、何回も泣くと思う。だけど、私は京ちゃんが好きだから、この想いは口にしないよ」

 私が好きだって言ったら、彼はきっと最初に驚きの表情を浮かべ、困惑し、申しわけなさそうに謝るのだろう。

 暫くの間はギクシャクな関係に陥り、気まずい雰囲気に満ちるに違いない。

 何時かは思い出の一頁に変えられる。

 でも、そんな時間を過ごすくらいなら、今の幼馴染みの間柄を壊さずにいたいと思う。

 そうすれば、気軽い関係はきっと二人が交際を初めても変わらない。

 恋人にはなれなくても、少しでも彼の近くにいたいから。

「咲ちゃんは強いな……私は今からあいつに告白してくるじぇ! 振られたら、後でやけ食いに付き合ってくれるか?」

「もちろん」

 優秀ちゃんが駆けていく、今日の夕飯はタコスかな。


カンッ!