「みんなマジで行っちゃったよ……。そんな俺は一人寂しくネトマ、っと」ロン! トビデス

「こんにちは。どなたかいらっしゃいますか?」

「はーい、どちら様でしょ……う……?」

「あら、あなたは須賀君だったかしら」

「そういうあなたは風越のキャプテン、福路美穂子さんじゃないっすか!

 申し訳ありませんが部長の竹井はじめ女子部員は英気を養うために外出しております」

「そうなの……。どうしましょう、これ」チラッ

「そのバスケットは?」

「お恥ずかしい話なのだけれど、ちょっとケーキを作りすぎてしまったのよ。だからおすそ分けに、と思って」

「ケーキですか……(遠い目)」

「うーん、あ、そうだわ。良かったら一緒に食べてもらえないかしら」

「えっ、俺ですか?」

「そうよ? あ、もしかして甘いものはお嫌い?」

「いえいえとんでもない! 大好物っすよ! 特に福路さんみたいな美しい方の手作りなんてご褒美です!」

「ふふっ。面白い子ね、須賀君って(久に予定を聞いておいた甲斐があったわ)」

「? 何か仰いましたか?」

「いえ、何でもないの。それじゃ、食べましょうか」


 こうして須賀京太郎は清澄ガールズの与り知らぬところで美味しいケーキ(意味深)にありついた。

 この時、福路美穂子の両目が開かれていたかどうかは語るまでもないだろう――――槓!