憧「ううう・・・また胸が大きくなっちゃった」

京太郎「いいじゃあないか。煎餅よりもおもちの方がいいって」

憧「何を他人事の様に言ってんのよ馬鹿京太郎!それもこれも京太郎が毎日私の胸を揉むようになったからじゃない!」ムキー!

京太郎「いや・・・だって憧のおもちの揉み心地があまりにも素晴らしいからつい、な」

憧「まあ・・・・京太郎がそれだけ私に夢中になってくれてるのは嬉しいと言えば嬉しいけど・・・」ゴニョゴニョ…

京太郎「・・・全く、本当に憧は可愛いなあ!」ダキッ

憧「ふきゅっ!?急に抱き締めてくるなんて反則よぉ・・・」

京太郎「どれ、今日の憧のおもちはどんな具合かな?」モミモミ…

憧「んあっ!ま、また私の胸を・・・ダメェ・・・」ビクンビクン…

京太郎「そんな事言って・・・ほら、先の方がもうこんな固くなってるじゃないか・・・」グニグニ

憧「ふううっ!キョ、京太郎のだってものこんなになってる・・・♪」スリスリ…

京太郎「なあ憧・・・俺、もう・・・」

憧「くすっ・・・京太郎の底なしの性欲を相手にできるのは私だけなんだから感謝してよね・・・♪私の胸をここまで大きくした責任は取ってもらうんだから・・・」ペロッ…

京太郎「ああ・・・愛してるぜ憧・・」

憧「私も京太郎が世界で一番大好き・・・ん・・・ちゅう・・♪」

モットォ……!モットイッパイナメテ……!アア……クルゥ……マタキチャウウ……!

カンッ