京太郎「はあ……」

和「緊張しているんですか?」

京太郎「そうだよ」

和「心配しなくても大丈夫ですよ、多分」

京太郎「……」

和「私だって京太郎君のご両親に挨拶した時は緊張しましたよ?」

京太郎「和の両親は俺の家と違って真面目そうだからな、凄く不安だ」

和「父はともかく、母はフランクな方だと思いますけど」

京太郎「じゃあ、義父さんにはやっぱり娘はやらんとか言われるのか? 和、服装とか変じゃないよな? 土産物はこれで大丈夫か?」

和「今日も何時も通り格好いいですし、父たちの好きなお菓子ですから問題ありません」

京太郎「そうか?」

和「はい」

京太郎「よ、よし、それじゃあ行くか」カチコチ




「和はいったいどんな子を連れてくるのか楽しみね」

界「ろ、録でもない男かもしれない。あ、あの子はきちんとしているが子供っぽい所もあるだろう? 騙されていたりしないかな? 心配だ、いつかはこんな日が来ると思っていたが……和、和は、娘は大丈夫か? どんな風に話せば良いだろうか……」オロオロ

(むしろあなたの方が大丈夫かと問いたいわね。緊張し過ぎよ)

カンッ!