京太郎の朝は自分をじっと見つめる豊音さんの赤い瞳から始まる。

豊音「あっ、おはよー京太郎君♪」

京太郎「ん…おはようございます豊音さん…」

豊音「眠たそうにしている京太郎もちょーかわいいよー。さあ、早く起きて一緒にご飯食べよ?」ニコッ

京太郎「ふぁい…じゃあ着替えて来ますから先に行っててください」

豊音「うん、また後でねー」

京太郎の昼は後ろから抱き締めてくる豊音さんから始まる。

京太郎「うわっ、豊音さんか…びっくりさせないでくださいよ」

豊音「驚かせちゃってごめんね京太郎君ー。早く京太郎に触れたかったから…それに…」

京太郎「それに?」

豊音「……他の女の子に京太郎君を取られたくないから…」

京太郎「ははは、安心してくださいよ。俺は豊音さんを裏切る真似だけは絶対にしませんから。……こんなにまで自分を愛してくれる人を裏切る真似だけは…」

豊音「京太郎君……ちょーうれしいよー!これからもずーっとずーっとずーっと一緒だよー!」ギュッ~

京太郎「あわわ、恥ずかしいですよ…そんなに抱き締められたら…」ドキドキ

京太郎の夜は……。

豊音「ん……ちゅ……はむっ……♪」

京太郎「はぁ……むっ……」

布団の中での豊音の甘える様なキスから始まり、そして……。

豊音「身体が凄く熱いよぉ……今日も一杯、京太郎に愛されてうれしいよぉ……♪」

京太郎「豊音さん……好きです、大好きです…!貴女だけをずっと愛してます…!」

豊音「はあっ……もっと…もっと愛して京太郎くんっ………♪」

京太郎の一日は己が愛する豊音と共に過ぎていく。これからも、これからも。死ぬまでずっと。

カンッ