玄「京太郎君、話は聞いたよ。部活のケーキバイキングに入れてもらえなかったんだってね…」

京太郎「え…まあ……そうですけど」

玄「そんなのひどいよ!京太郎君だって同じ部員なのに仲間外れにするなんて!」

京太郎「仕方ありませんよ。俺は男ですから、ある程度の事は覚悟してましたし……もう慣れましたよ」

玄「京太郎君…強がらなくたっていいんだよ……せめて私の前だけは我慢しないで…ね?」

京太郎「ううう……玄さん…!」

玄「よしよし…京太郎君。辛かったね…悲しかったね……大丈夫だよ。京太郎君には私がいるから大丈夫……私は京太郎君の事を絶対に見捨てたりはしないから」ナデナデ…

京太郎「ぐすっ…ありがとうございます玄さん……」

玄「ねえ……ここにケーキはないけど、おもちならあるよ…」スッ…

京太郎「えっ………?」

玄「京太郎君だけのおもちバイキング…好きなだけ味わっていいよ…♪」ムニッ…

京太郎「い、いいんですか…!?」

玄「もちろん、京太郎君にならいくらでもされてもいいから…遠慮しないで触って…♪」ヌギッ

京太郎「あああ………なんて綺麗なんだ…玄さんの胸は…」ゴクリ

玄「そ…そんな恥ずかしい事言わないでよ…ほら、早く触って…京太郎君…」

京太郎「分かりました…それでは、いただきます!」ムニュッ

玄「んああっ!」ビクンッ

この後めちゃくちゃおもちバイキングした

カンッ