京「あー。山登りも楽しいけどやっぱ疲れるんだよなぁ」(サブーン

穏「(ガラッ)あれ、京太郎お風呂入ってたんだ。」(スッポーン

京「ああ、山登り行ってたんだ」

穏「えー、一人で行ってたの?ずるい!」(バシャージャバジャバ

京「お前が補修食らったからだろ」

穏「そりゃそうだけどさー」(ザブーンストン

京「おいこら、膝の上に座るなって」

穏「いいじゃん狭いんだからさー。ってか京太郎固くなってるよ?」(ニギニギモミモミ

京「ちょっと荷物持って行き過ぎて思ったよりハードだったんだわ。そのせいでがちがちだよ」

穏「しょーがないなー。私がもんであげるよ。」(モミモミギュッギュ)

京「あー。お前の指って細いわりに力あるなぁ。気持ちいいわー」

穏「気持ちいい?」

京「あー、気持ちいい」

穏「でも本当にガチガチだね。たまってた?(乳酸的な意味で」

京「めちゃくちゃたまってたみたいだなー。(同上」

穏「しっかり絞り出してあげるね!それと、今度は一緒に行こうね!」(山的な意味で

京「ああ、次行くときは一緒に行くぞ」

山も落ちもとくになくカンッ! するとでも思ったか

アコチャ「シズはお風呂場かー。とりあえず忘れ物持ってきてあげたって一言かけてとかないと」

アコチャ「あれ、お風呂場の中から会話が」

このあとのアコチャーのことは皆さまのご想像にお任せします

カンッ!