思い出したかのように小ネタシリーズー『かえりみち』


京太郎「…で、なんか部活から追い出されるみたいにして出てきた訳だけど…」

照「…」

京太郎「照ちゃん、この後…」

照「一回、うちに帰る」

京太郎「だよ、ね」

照「うん。お父さんにも一回会っておきたいし、咲にだって…」

京太郎「だよな。せっかくここまで来たんだしな」

照「うん…」

京太郎「…一緒に行こう。送ってくよ」

照「ありがとう」

京太郎「はは…まさかそんな事は無いと思うけど、万が一地元で迷子になられてもアレだしな」

照「…」

照「そ、そんなことは…無いと」

照「…思うよ」ボソッ (←小声)

照(今朝迷ったけど…流石に思い出したし)

京太郎「ん?」

照「なんでもない。行こう」

京太郎「おう」

照「…」

京太郎「…」

照「…」

京太郎「…照ちゃん?」

照「…ね、ねえ、京ちゃん」

京太郎「…ん?」

照「…手、つないでもいいかな」

京太郎「…へ?」

照「やっぱり迷子になるの、怖いから」

京太郎「…」

照「一緒に、歩いて行きたいの」

京太郎「…」

照「…だ、駄目…かな」

京太郎「ん。そうだな。じゃあ、手、繋ごうか」

照「うん。ありがとう」

京太郎「…ってかさー」

照「うん?」

京太郎「俺も照ちゃんの家、うろ覚えしー」

照「ええ!?けど、咲の家だし…」

京太郎「いやあ参った参った。咲の家だろ?ここしばらく行ってなかったしなー」

照「嘘だっ!」


京太郎「ホントだって」

照「嘘くさい。だって、今朝先と一緒だったし」

京太郎「さーね?」

照「むう…」

京太郎「だから、さ」スッ

照「…ん?」

京太郎「照ちゃんが、俺の手引っ張ってってくれない?」

照「…」

京太郎「…駄目?」

照「…いいの?」

京太郎「んあ?」

照「私、実は帰り道、うろ覚えかも」

京太郎「俺も覚えてないし、おあいこだ」

照「道間違えるかも」

京太郎「ま、寄り道みたいなもんでしょ。地元だし」

照「迷子は情けないよ?」

京太郎「なんとかなるさ。ついでに面白いもん見っけたりしてな」

照「変なトコに行っちゃうかも」

京太郎「照ちゃんとなら、怖くない」

照「怖い人に会ったらどうする?」

京太郎「照ちゃんの腕、引っ張って逃げる」

照「何処に行く?」

京太郎「何処へでも」

照「そっか。なら、いいや」

京太郎「おう」

照「京ちゃんに手、引っ張ってもらえるなら、それでも良いな」

京太郎「最終手段ですよ?」

照「わかってる」

京太郎「ん。じゃあ、行くか」

照「うん」

照「帰ろう」

京太郎「行こう」

照「私の家へ」

京太郎「照ちゃんの家へ」

照「…」

京太郎「…」

照「…ふふっ」

京太郎「…なんて、あはは、やっぱ照ちゃんも文学少女だ。咲にノリがそっくり…」

照「えいっ!」ギュッ

京太郎「…っ!」」


照「…」ギューッ

京太郎「…」

照「…」ギューッ

京太郎「て、照…ちゃん?」

照「私の前で他の子の話題出した罰」

京太郎「…」

照「…妹の咲だからって、許さないよ。私は嫉妬深いんだ」

京太郎「…」

照「だから、罰。京ちゃんはこのまま私をぎゅっ…と抱きしめる事」

京太郎「…」

照「じゃないと拗ねるから」

京太郎「…」

照「わかった?京ちゃん」

京太郎「…」

照「…京ちゃん?」

京太郎「…」

照「あれ?京ちゃ…」

京太郎「それ…」

照「…え?」

京太郎「もう罰でもなんでもねーよな」ギュッ

照「ひゃっ!?」

終わり