咲「……ん……!くうっ……!」ググッ

スッ

咲「あっ……」

京太郎「ふーん……こんなの読むんだな……」ボソッ

咲「え、えっと……その……!」ワタワタ

京太郎「ほい」ポス

咲「あうっ?」キョトン

京太郎「高くて取れなかったんだろ?……ったく、次から脚立手に持ちながら本探した方が良いんじゃないのか?」

咲「ああ……そうしよっかなぁ……」ムムム

京太郎「いやいや流石に冗談だよ、必要になったら持ってくるぐらいにしとけ」ビシッ

咲「あっ、そっか……!」アハハ…

京太郎「まぁ、だけどよ」スッ

咲「え?」

京太郎「これからは俺がお前が取りたい本、取ってやるよ」ニコッ

咲「!」トクン…

3年後…

咲「と言うのが、私と京ちゃんの出会いなんだよね!」フフッ

和「須賀くん、その頃から面倒見が良い人なんですね……」チラッ

優希「京太郎!タコスを持てい!」クワッ

京太郎「ほいほい、もう持ってきてあるぞ」スッ

優希「完璧(パーフェクト)だ、京太郎」クククッ

京太郎「感謝の極み……って何やらせるんだよ!」ビシッ

優希「うむ、美味いじぇ~!!」モグモグ

京太郎「スルーすんなコラァ!」イラッ!

咲「あ、あはは……まぁそうだね、だから私は……」

和「……恋をした?」ジッ

咲「そっ、そそそそうじゃなくて!////……信頼してるんだよ、心から……」ニコッ

和「なるほど……そう言う関係、本当に羨ましいですよ……嫉妬してしまうくらい」クスッ

咲「えっ、あっ、あの原村さん、それって……」

京太郎「よう、咲に和!お前らもタコスどうだ?」スッ

咲「っと京ちゃん、ありがーーーー」

和「ありがとうございます、須賀くん」パクッ

咲「ふぇっ!?」ビクッ

京太郎「の、和っ!?(あ、あの和が俺の手に持ってるタコスを直接!?ゆ、夢でも見てるのか……!?)」コンワク

和「美味しいですよ……須賀くんの、タコス////」ンクッ

京太郎「は、はわわわ……////」タジタジ

咲「(そ、そんな……和ちゃんがライバルだったなんて……!思い出話を聞きたいなんて言うから普通に語っちゃったけど、うっかり火をつけちゃった!?)」ゾクゾクッ

和「(須賀くん、宮永さん……二人ともたまには私の事も、見てくださいよ……ね?)」ジィッ

この後奇妙な三角関係になっていったりとか、優希がメキシカンになったりとか、久がロッカーに立て籠ったりとか、まこが時間を消し飛ばしたりしたが、今日も清澄は平和です

カンッ!