とある日の部室にて

和「ん……優希……それ…」

優希「え?」

和「須賀君が捨てたタコスじゃないんですか…?」

優希「フフフ……今日は少し京太郎成分が欲しくてな…」

和「はぁ…」

優希「最近、長野では麻雀女子の間では京太郎が使ったものを手に入れて愛でるのが流行っているんだじぇ。私もその流行りに乗っておきたいと思ったんだじょ!」

和「それはいいんですが…それってストーカーじゃあないですか…?」

優希「そう慌てなさんなって」

和「…?」

優希「私はもう1つタコスを買ったが、敢えて具を少なめのタコスを頼んだんだじょ。するとどうだ?このトルティーヤの皮が余って何かを入れられるスペースが生まれるんだじぇ。
そこに京太郎が残したタコスを加えれば……」

和「………ハッ!」

優希「お手軽京太郎エキス入りタコスの完成って訳だじょ!」

和「おお…!ちょっと……一口だけ食べさせてください!」

優希「ああ、いいじぇ」

和「はむっ……!おお……これは!出来立てのタコスの温かさと旨味が、須賀君のタコスと合わさって…………まさに須賀君そのものの味です!」パァァ

優希「しかもこのスタイルだと端からは、ほっかほかのタコスを食べているようにしか見えないっていうメリットもあるんだじょ!」

和「策士ですね優希!」

久「愛する人の味とストーカー行為がほどよい良いスパイスになっているという訳ね!」

和「腕を上げましたね優希!」ナデナデ

優希「エヘヘ……」ドヤッ

和「全く……いい気分です!」

?「ねえ………ところで…優希ちゃん」

優希「へ?」

咲「その京ちゃんのものを色んな女の子が盗……手に入れているって話…詳しく教えてくれないかな……?」ゴゴゴゴ…

優希&和「ひいいっ!?」

カンッ