京太郎「あー、暇だぁ......」

菫「暇だな」

京太郎「あれ、蓮ちゃんどこに行ったんだ?」

菫「そこの売店でアイスクリーム買ってるよ、ほら」

京太郎「そうかー」

菫「しかし......いやぁ」

京太郎「んー?」

菫「いや、10年前を思い出してなぁ。あの頃は、まさかこうしてお前と芝生に寝転ぶ日が来るとは思ってもいなかったなと」

京太郎「会うたびに照の背後で俺のこと睨んでたしなあ」

菫「でもメールを始めたのがきっかけで、デートにも行くようになって......あ、なんか恥ずかしいぞ、こういう話、おい」

京太郎「はは、てかまあ、最初は俺が付き合ってくださいって言ったんだよな。知れば知るほど菫さんが大好きになってくんだもんなあ」

菫「私も京太郎が...............なんというか、大好きだぞ、あの、うん」

京太郎「やだ、かわいい~!!!」

菫「女子か!」

ツンツン

菫「うん?」

蓮ちゃん「」ジーッ

京太郎「おーこりゃ恥ずかしい......」

菫「はは......蓮ちゃんもこっちおいで、私の膝の上に、ほら」

京太郎「俺も俺もー」

菫「うわ、わ、倒れる」

ドサッ

京太郎「......菫さん好き」

菫「私もな」

蓮ちゃん「おとーさんとおかーさん、またきすしてゆ.........」ウンザリ


カン