桃子「今週も笑点のお時間がやってきたッすよ。まずは恋人いなくて心も寒い、みなしご達のご挨拶から」

久「えー、こうも寒くて乾燥してるとお肌が引きつりますねぇ。ケアは大事でして、私は毎日お手入れしているせいか肌年齢が10歳なんですよ。清澄の壇蜜、竹井久です」

和「内裏びな 少し離して また近づけて 女がひとり ひなまつり とまぁ、節分も終わり次はひな祭りですね。恋人募集中、原村和です」

優希「この間、タコスを訪ねて街をうろついていたら甘いタコスというのが言うってたじぇ。興味津々で食べてみたら… ほとんどただのクレープ… 片岡優希だじぇ」

まこ「カメに魚に哺乳類、日本で外来種が問題になっとるが、いったい日本はどうなるんじゃろうか… 日本の自然を守る会名誉会員の染谷まこじゃ」

京太郎「笑点にワカメですか…」

まこ「(# ゚Д゚) ムッ!」

京太郎「侵略的外来生物100選にも選ばれる厄介者ですが、味噌汁、若竹煮、酢の物と美味しく栄養満点。私が上手に調理します。お口の恋人、須賀京太郎です」

咲「得意技は嶺上開花、決して嶺上崩壊ではございません、清澄一の美少女・文学少女、宮永咲デース!」

桃子「点棒5万点のキーワード『ゲイは身を助く』これを目指して頑張ってくださいっす。では第一問! 笑点度量衡! 皆さんね、重さでも長さでもなんでも測ってください」

桃子「そして私が尋ねるのでさらに続けてくださいっす… おっ、咲さん早かった」


咲「うーん… 大体5センチくらいかな…」

桃子「何の長さっすか?」

咲「京ちゃんのイチモツの長さ」

京太郎「おいぃ!!」

久「ぷぷっ、平時か、有事かどっちかしらね~」

京太郎「要らないこと言わない!!」

桃子「ククッ… 粗末っすね~、ハギヨシさん粗末すぎて可哀そうなので京さんの1万点持って行ってください。はい次、京さん」

京太郎「う~ん、9センチくらいか」

桃子「何の長さっすか?」

京太郎「咲のトップとアンダーの差」

咲「ちょっとーーー!」

桃子「これもまた見事にペタンコっすね~、ハギヨシさん哀れなので咲さんの1万点持って行ってください。はい次、まこさん」

まこ「うーん、100%くらいじゃな」

桃子「何の割合っすか?」

まこ「対局での京太郎がぶっ飛び焼き鳥になる確率」

京太郎「止せよ!!」

桃子「これは哀れすぎるっすね~、ハギヨシさん、まこさんに100点あげてください。はい次、京さん」

京太郎「大体5人くらいかな」

桃子「なんの人数っすか?」

京太郎「まこ先輩の葬式の参加者」


以下。桃子ジェノサイド発動まで殴り合い)