【うたわれるもの】それは地域、国、宗教によって様々な形がある、現代のキリストやゼウスのように
世界中のほとんどが知っているものもあればその地方だけでひっそりと語り継がれていくものもある
それはそんな小さな国の【うたわれるもの】のお話・・・



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━




??「――はぁはぁはぁ・・・」

??「頑張って京ちゃん、あと少しで目的の場所だから」

京太郎「なぁ【??】考えがあるって言っていたけど本当に俺達助かるのかよ?」

??「大丈夫、私に任せてよ」

京太郎「おう・・・」


 謎の病原菌かもしくは他の何かか・・・とにかく今地球は酷く混乱した社会になってしまっている
と言うのも人々がいきなり「スライム」になる奇病が発生したからである。
その「スライム」は時、場所、性別関係なくいきなり発症して人を食う怪物となってしまうのだ
 人々はいつ自分が「スライム」になるか、そして隣人がいつ「スライム」になって自分を襲うかを恐れて
疑心暗鬼に陥り社会が、文明が崩壊の兆しを見せ始めて行っているのである

京太郎「ついた・・・」

??「えっと、ポッドのスイッチはっと・・・」

京太郎「なぁ【??】なんでコールドスリープ用のポッドなんて操作しているんだ?」

??「もちろん京ちゃんにここで寝てもらうからだよ!」

京太郎「はぁ!?どういうことだよ」

??「いいから、早くして、それとこれを飲んで、急いでね」

京太郎「これなんだよ?」

??「とあるツテでもらった薬、これを飲んでポッドに寝ていて頂戴、絶対に起こしに来るから」

京太郎「な、なんで」

??「京ちゃん・・・お願い」

 その時おれは本当は断るつもりだった、だってそうだろ?説明もなくいきなり怪しい薬を飲めと言われ、しまいにはコールドスリープをしろと言われたのだ
でも・・・でも俺はあの時の【??】の真剣の顔を見たときこう答えるしかなかったんだ・・・


京太郎「わかった」

??「それじゃあこれ飲んで安心して寝ていて、必ず・・・必ず私が起こしに来るから」

京太郎「おう、たのむな」ピッ

??「うん、京ちゃん・・・」

京太郎「うん?」

ポッドのフタが閉じる瞬間【??】が何かを言いかけているのを感じそちらを振り向く
 だが薬の所為かそれともコールドスリープの装置の所為か急に眠気が強くなり力が入らなくなる

京太郎「【??】 」

??「・・・」

 その時の【??】は何故だかひどく悲しそうな眼をしていたんだ・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━





ビービー  error error 

    保存システムニ重大ナ損傷、システムノ完全稼働不可能    




 error error  

     安全装置起動、  スリープモードヲ中止  


 error error  

    生命維持機能起動確認、 ユルヤカ ニ 覚醒モード起動シマス
     30分後ニ起床予定デス 

コンコン



京太郎「(・・・あぁなんだ うるさいな・・・静かにしてくれ)」


コンコン


京太郎「(もう、なんだよ、あと5分、5分だけでいいんだ寝かせてくれよ)」


ゴンゴン


京太郎「あぁもうなんだよ!!」ガバッ


??「!?」ビクッ


京太郎「って・・・あれここどこだ?」


??「お、起きた」

京太郎「うん・・・あぁ、あれ?」

??「・・・普通のヒト・・・だよね・・・」ジー

京太郎「えっと・・・どちらさま?」

??「・・・」

京太郎「俺は・・・俺は京・・・なんだっけ?」

??「記憶・・・ないの?」

京太郎「えっ・・・あぁ そうらしい・・・です」

??「・・・そう、私はテルゥ」

京太郎「え?」

テルゥ「それが私の名前」

京太郎「テルゥさん?」

テルゥ「そう、よろしくね京ちゃん」

京太郎「京・・・ちゃん?」

テルゥー「それとも京なんとかちゃんがいい?」

京太郎「京ちゃんでいいです、はい」

テルゥー「それじゃ行こっか」

京太郎「行くってどこに?」

テルゥー「私の住む町に」


 そういうテルゥーと言う少女の顔を見る、はっきりいって美少女だ、赤い髪の毛にスレンダーな立ち姿
少し民族衣装的な服も神秘性をかもし出していてすばらしい美少女と言えるだろう、そして最後にあのモフモフしてそうな耳だ!

うん?耳?

京太郎「・・・」

テルゥー「どうしたの?とりあえず悪いところないか町の薬師さんに見せたいんだけど?」

京太郎「(ヒトに・・・モフモフの・・・耳がある・・・だと!?)」




               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : :/ : : : : : : : : : : : : : i : : : : : : : : : ヽ
             /: : :/: : : : : : : :./|: : : : : :| : : : : : : :ヽ : : :.
         /: : : i: : : : : : : |: | |: : : : : :|ヽ:.:i: : : : : :i : : i
            ′: : :|: : :i.: : :./|: | |: : : : : :| i:.|: : : |: :.| : : |  ?
          / : : : : |: : :|:|i: :|‐|‐ト: : : :|i:斗‐|┼: i:.|: :.| : : |
.         /: : :/|八 : |八 |_.レ'.._|: : :八/__.}/∨}/: : | : : |
        厶イ/ l  i{{ 午不か}/  午示下}.:/\/::/'_/
   .       /  ゝ {:| 弋__ソ       弋__ソ  /  ヾ、   ピコピコ
        /   , /:|ハ                //__,,_,ゝ、
      /彡ミ彡'   !ヽ}       '        /´/ `` ``` \
     /     _,ィ: : :|: :人    _    /.: :.∧二乙Zz ==_,`>
    ,厶 =‐'' `ヘ|: /i: |: |: : `: :._     ィ: : i: : :.| : :i.: :.|
           {/.人{: |/}: :厂}   ー  .{ア}_l_: : |: : i :. ′
            ,. -‐乂¨ ̄{¨       ¨}   ¨八/}/
          r<. 、       |          |        >、
       /   \\      |          |    //  \

 これは一人の男と少女の物語・・・
 物語の片隅で少しだけ語られる【うたわれるもの】の物語


カンッ