京太郎「ギブミーチョコレート!」

智葉「乞食は黙ってろ」プイッ

京太郎「そ、そんなぁ……」ガックシ

ネリー「……しょうがないなぁ~、ネリー同級生から友チョコたっくさん貰ったから分けてあげるよ!」

京太郎「ね、ネリー……」

ハオ「では私はこれをあげます……まあ、あくまで義理ですが」

京太郎「ハオ、かたじけねぇ……」

明華「どうぞ、私からの愛ですよ」ニコッ

京太郎「明華先輩、貴女は天使だ……!」グスッ

メグ「京太郎、ラーメンとチョコの組み合わせ見つけましタ!つけガーナ、味わってみてくださイ!」キラキラ

京太郎「意外といける!?」

智葉「……」

アレク「……あげないの?その後ろ手にある手作りハート型チョコ」

智葉「……こう言うのは心の、準備がだな……」

アレク「ふーん……それじゃあ京太郎、私からは高級ベルギーチョコあげちゃう」ニコニコ

京太郎「まじっすか!やったぜ。」

智葉「あっ……クッ……!」ガタンッ

京太郎「? 智葉さん?」

智葉「……私だけ、渡さないわけには、いかんだろ……」スッ

京太郎「こ、これって……て、手作り……!しかもハート……!?」

智葉「……早く、受け取れ……乞食め……」テレッ

京太郎「あ、ありがとうございます!家宝として部屋に飾らせていただきやす!!」ヒャッホーイッ! ダダッ!

智葉「やめろバカ!ちゃんと食え!」ダダッ!

ネリー「やれやれだね」

ハオ「智葉は素直じゃなさすぎて困ります」

明華「そこが可愛らしいじゃありませんか♪」

メグ「京太郎も智葉も、互いに互いを好きすぎて色々すれ違ってますカラ」

アレク「そうそう、私たちが焚き付けてあげないとね……でもあのベルギーチョコはちょっと痛い出費だったかしらねぇ」フゥ…

カンッ!