咲「京ちゃんハッピーバレンタイン!今年もチョコ作ってみたんだけどいる?」

京太郎「おっ毎年悪いな咲。正直今年は麻雀部の皆がいるからもらえないかと思ってたわ」

咲「またまたー。京ちゃんこそ今年は優希ちゃんとか和ちゃんからも貰えて有り難味ないんじゃない?」

京太郎「確かにそうなんだけど有り難味ないなんてことはねーよ。中学の時なんて味見にまで付き合ったことあったし」

咲「そのことは忘れてよっ!もう・・・///」

京太郎「んで、今年は随分箱が縦長なのな」

咲「今年のは一味違うの。いいから開けて見て」

京太郎「んじゃー早速、ってこれ・・・もしかして俺か?」

咲「今年は特別“宮永家秘伝!叩き潰して心を伝えろ本人外観完全再現京太郎チョコ”だよっ!」

京太郎「怖えーよっ!!!!!」

咲「さぁ京ちゃん!早く叩き潰して!!そして私の心を読み取って!!!」

京太郎「えぇ・・・何そのテンション怖い。まぁ割らないと食いにくいから割るけどさ」バキッ

咲「・・・どう?何かわかった?」

京太郎「モグモグ・・・うーん、今年のは少しビターな感じだな」

咲「うんうん!それで?」

京太郎「苦味がきいててちょっと大人な味だ」

咲「つ、つまり!?///」

京太郎「えーっと・・・咲のお父さんにあげたら喜ぶぞ?!」

咲「京ちゃんの馬鹿ーっ!!!」

※咲ちゃんは大人の女性として扱って欲しかったor大人の女性にして貰いたかったようです

カンッ!!