京太郎「くっ……!まさか貧乳達に捕まってしまうとはなんたる不覚!」

穏乃「年貢の納め時だね京太郎!もう諦めて貧乳派になっちゃいなよ!」

咲「あんな脂肪の固まりに拘っているから京ちゃんは幸せになれないんだよ!」

泉「そうやそうや!京太郎!女の子の魅力はおっぱいだけやないんやで!」

洋榎「ガースー!アンタが求めればウチらは喜んで受け入れる!ガースーが望む事ならなんでもしたる!なぁ、悪くないやろ!?」

初美「私達なら京太郎を満足させられる自信があるのですよー!」

ネリー「キョータロー、早く貧乳派になってネリー達と楽しもうよ」

京太郎「ぐぐぐ……」

智美「ワハハ、往生際が悪いなー京太郎。ここにはおもち持ちの女の子は一人もいないぞー」

未春「さぁ諦めて貧乳しちゃいましょう!」

透華「もうヘヴンは目の前ですわ!」

京太郎「い……!い……!」

咲「い………?」

京太郎「イッツマイおもち!」グッ

咲「………!京ちゃんの馬鹿!」

穏乃「こうなったら根競べだね…!」

京太郎「俺は…せんべいよりもおもちが好きなんだ!絶対に諦めねぇ!必ずおもちを手にいれてみせる!」

終われ