近鉄奈良駅――

穏乃「お、来た来たッ! おーい、きょうたろー!」

京太郎「おーっす、穏乃~」

穏乃「長旅お疲れさま!」

京太郎「そりゃお前もじゃないのか? いくら同じ奈良県だからって阿知賀から奈良市までは時間かかるんだろ?」

穏乃「ま~南から北まで縦断してくるわけだしね。こんな機会でもなけりゃここまで来ないし」

京太郎「なんか悪いな。わざわざ」

穏乃「いいっていいって。あ、これ食べる?」

京太郎「なんだこりゃ、団子か?」

穏乃「ん、たま○さぎってお店のきな粉団子。個人的なイチ押し」

京太郎「ほーん。…………ん、美味いなコレ」

穏乃「でしょ?」

京太郎「ああ、きな粉の風味と甘さが良い感じだな。ちっさいしこれなら何本も食えちまいそうだ」

穏乃「わかるわかる! 50本は軽くいけそうだよね!」

京太郎「それは食いすぎだろ!」

穏乃「流石に冗談だって! さってと。んじゃ行く?」

京太郎「おう、案内頼むわ」

穏乃「りょーかい!」

この後滅茶苦茶奈良観光した

カンッ