穏乃「京太郎ぉ~もう私、我慢できないよぉ」モジモジ

京太郎「し、穏乃!?」

穏乃「ねぇ・・・今日もさ・・・」

京太郎「まっ、まて、昨日の今日なんだぞ!?俺、もう昨日ので足腰ガクガクしてるんだぞ!?」

穏乃「うぅ・・・」モジモジ

京太郎「お、俺だってアレは好きだけど毎日は無理だよ」

穏乃「イジワル・・・」

京太郎「うっ」

穏乃「・・・一緒に・・・ヤろ?」

京太郎「・・・穏乃」

憧「ちょぉぉぉっとまった!!」バァァン

京穏『!?』

憧「ちょっとあんたら部室で何変なこと話しているのよ!」

京穏『変なこと?』

憧「そうよ!あんな・・・あんな・・・」

京穏『どんな?』

憧「ふきゅ//」

穏乃「そうだ!憧も一緒にやろうよ!」

憧「さ、3P!?」

京太郎「何言っているんだ?」

憧「だっ、だってアレ、ヤルってことはそういうことでしょ//!?」

穏乃「なんかわからないけど山登りのことだよ?」

京太郎「・・・憧・・・お前・・・」

憧「・・・」

憧「ふきゅ//」


カンッ