美穂子「あら、須賀君」

京太郎「あ、福路さん」

美穂子「お買い物?」

京太郎「ええ、うちのタコス娘が考え無しにタコス食い尽くすもので」

美穂子「ふふ、片岡さん、ホントタコスが好きなのね」

京太郎「作るこっちの身にもなって欲しいですけどね」

美穂子「貴方が作っているの?……確かに、材料になるものしか入ってないわね……」

京太郎「前はもっと少なかったはずなんですけどねー」

美穂子(ああ……ふふ、そう言うことなのね……)

京太郎「福路さん?」

美穂子「何でもないわ、気にしないで?」

京太郎「はあ……っと、じゃあこの辺で」

美穂子「ええ、またね」


カン