京太郎「ケーキバイキングに一人って……まあ、たまには甘いのもいいか」

京太郎「しっかし、やっぱり女の子ばっかりだなぁ……俺場違いじゃないか?」

京太郎「とりあえず食うかー……せっかく来たんだしな」


「ふっふっふっ」


優希「京太郎め、孤独を感じているようだな」

優希「ここで颯爽と私が現れれば……」


京太郎『優希、なんでここに!?』

優希『弟子を見守るのも修行を命じた師匠の役目だじぇ!』

京太郎『お前、そこまで俺の事を……やっぱり俺にはお前しかいない!』

優希『京太郎!』

京太郎『優希!』


優希「そして二人はタコスの国で幸せに暮らしましたとさ……ふっ、完璧だじぇ!我に勝機あり!」


京太郎「何にするかなー……」

優希「いざ!京太……」

咲「あっ、京ちゃん」

京太郎「おっ、咲」

和「あれ?須賀君」

京太郎「和も」

優希「じぇぇぇぇぇぇぇっ!?」ズサァ!

京太郎「うおっ!?なんだ優希までいたのか」

咲「すごい偶然だねー」

和「えぇ、本当に」

優希「なぜだじぇぇぇ……」

京太郎「なあ、ちょっとオススメとか教えてくれよ。やっぱりこういうのは女子の意見も必要みたいだからさ」

咲「いいよ!どうせなら一緒に食べようよ、和ちゃんと優希ちゃんも!」

和「そうですね。今回はカレーに挑戦してみます!」

優希「こうなったらやけ食いだじぇー!タルトとコーヒーとスフレ大量に持ってくるじぇ!」

京太郎「なんだそのチョイス」

優希「タ・コ・ス!」

京太郎「いや、ケーキ選びぐらいはタコス離れろよ!?」

咲「なるほど。これを言われたらこうすればいいんだね!」

和「あの、あまりゆーきの冗談を真に受けない方が……」

この後四人で楽しみました。

カン!