穏乃「恵方巻きってさー」ノセノセ

京太郎「んー?」ノセノセ

穏乃「無言で一気に食べきるって言うじゃん」ペタペタ

京太郎「そうなぁ」ペタペタ

穏乃「でも具ってそこまで水分含んで無いよね?」ノセノセ

京太郎「まぁなぁ」ノセノセ

穏乃「めちゃくちゃ喉詰まりそうじゃない?」スッスッ

京太郎「あー」スッスッ

穏乃「昔の人はどうやって食べてたんだろうね」クルクル

京太郎「さあ…すすり餅があったぐらいなんだからなんかやり方あったんじゃね?」クルクル

穏乃「そうなのかなぁ…あ、ちょっと海苔足んないや」グッグッ

京太郎「だからご飯は少な目って言ったろうに…」グッグッ

穏乃「ごめんごめん、次はちゃんと作るから」

京太郎「次ったって具はちょっきりしか用意してねーぞ」

穏乃「うそん」

京太郎「ほんとん」

穏乃「うー…まぁいいや、どうせ自分の分だし。むしろ多めでちょっとお得感あるし」

京太郎「丸かぶりして一気に食うの忘れてねぇ?」

穏乃「……あ゛」

京太郎「しゃーねーな…取っ替えてやるよ。それよこせ」

穏乃「ありがと…」

京太郎「お茶一杯用意したら許す」

穏乃「はいただいまー!」パタパタ

京太郎「……一応しょうゆ多めに付けとこ」ヌリヌリ

………
……

憧「巻物準備できたー?」

京太郎「おーう。玄さん達は?」

憧「ほとんど終わってて、あとは運んでくるだけだって」

京太郎「そっか。にしても豪勢な節分だなぁ」

憧「そう?」

京太郎「いつもは家族だけでやってたからさ、こういう集まってやるのって何か新鮮なんだよ」

憧「へー。アンタって大体なんでも集まってわいわいやってそうなのに」

京太郎「だからこそ、だな。いつもわいわいやってるからたまの行事はゆっくりすんだよ」

憧「ふーん…もしかして呼んだの迷惑だった?」

京太郎「いんや、今年はこっちのほうが楽しそうだったしな。呼んでくれて感謝してるよ」

憧「…そ。良かった」

京太郎「…あー、なんだ。とりあえず運ぶの手伝わね?俺もう腹減っちまってさ」ポリポリ

憧「ふふっ、りょーかい。それじゃパパッと運んじゃおうか」クスクス


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

晴絵「よーしてめーら恵方巻きは持ったかー?食ってる最中に喋ったらワンモアだかんなー」

灼「初耳…」

穏乃「今年の方角ってどこだっけ?」

京太郎「確か南南東だろ?それなら…どこだ?」

玄「こっちだね!」

憧「こら玄、デタラメ言わないの。南南東はこっちでしょ」

玄「私の恵方は常におねーちゃんがいる方向ですのだ!」ムギュー

宥「あったか~い」ホワホワ

玄「私もだよおねーちゃん!ウヘヘヘ…」モミモミ

宥「んっ…やぁん…」モゾモゾ

憧「さらりとセクハラすんな!」スパァン

玄「あたぁっ!?」

穏乃「あれ、どしたの京太郎?急に前かがみになって」

京太郎「何でもない。ちょっと下の恵方が暴れだしそうになっただけだ」

穏乃「???」

晴絵「それじゃ気を取り直して…恵方巻きは持ったな!?行くぞォ!」

穏乃「せーので食べよっか」

憧「誰が言うの?」

玄「皆一緒に言えば良いんじゃないかな?」

宥「食べきれるかなぁ…」

京太郎「ゆっくり噛んで飲み込みながら食べれば大丈夫ですよ」

晴絵「おぉーい…スルーしないでよー…おぉーい…」

灼「大丈夫、私はちゃんと見てるから…」




穏乃「んじゃ行くよー!」


「「「「「「せーのっ」」」」」」


カンッ