• 清澄麻雀部部室-

京太郎「おっ!2等が当たった!」

優希「じぇ?」

咲「京ちゃん何やってるの?」

京太郎「年賀状の番号くじだよ。こないだ発表があっただろ?」

京太郎「それで今番号を確認してたんだ」

まこ「なるほどのお」

優希「そういうことだったかー。私は3等が1枚だけだったじぇ」

和「私も3等のみでした。2,3枚でしたね」

まこ「わしは当たらんかったのお…何枚か惜しいのはあったんじゃが」

咲「私は今年も当たらなかったよ」

京太郎「咲はともかく…染谷せんぱ…部長は残念でしたね」

まこ「いちいち言い直さんでええ」

咲「ともかくって…。し、仕方ないじゃん!」

咲「ここ数年は京ちゃんと親戚以外から年賀状貰って無いんだから!」

京太郎「ま、まあ不運だったな…」

和「しかし、2等が当たるなんて…運が良いですね」

京太郎「まあ結構年賀状貰ったからな」

咲「本当だね…って…えっ!?」

優希「じぇじぇっ!?」

和「これは…凄い量ですね。100枚ぐらいありませんか?」

京太郎「流石に100はないと思うぞ。70、80ぐらいじゃないか?」

優希「これだけあれば2等が当たるのも納得だじぇ」

まこ「京太郎、おんし親戚や友達多いのお…」

京太郎「メールでも良いのに、わざわざ年賀状を
    送って来てくれるなんて嬉しいですよ」

京太郎「染谷先ぱ…部長も年賀状ありがとうございました」

まこ「だから言い直さんでええ!そりゃどうも。そっちもありがとな」

京太郎「はい」

まこ「まったく…お?久からも貰っとるようじゃな」

京太郎「そうですね。貰いましたよ」

まこ「噂をすればという言い方もおかしいが、部長という単語を聞いたら
   なぜかその年賀状が目に入ったわ」

まこ「なになに…」

久>>須賀君あけましておめでとう!
  推薦取ったしここ最近は暇でしょうがないわ。
  また麻雀部に遊びに行くからね。
  あと今度またデートしましょうね。

咲・和・優希「「「!?」」」

京太郎「あっ、ちょっと!内容勝手に見ないでくださいよ!」

まこ「まあまあ、ええやないか」

咲「京ちゃん…"また"ってどういうことかな…?」ゴゴゴ…

京太郎(な、なんか凄い威圧感だな…)

京太郎「去年の冬に部長と一緒に買い物行ったんだよ。
    デートってほどでもないと思うけどな」

まこ(もう気にせんし、つっこまんぞ)

咲「ま、まあいいよ。今度私ともデートだからね!わかった!?」

京太郎「お、おう」

京太郎「というか、買い物なんてよく一緒にいってるだろ」

和(咲さん…流石ですね)

優希(幼馴染は偉大だじぇ…羨ましい)

まこ「おっ!龍門渕からも何通か来とるのお」

透華>>京太郎さん、あけましておめでとう御座いますわ。
   今年こそは貴方を龍門渕に引きずり込むつもりなので。
   覚悟しておくんですのね。
衣>>きょーたろ、あけましておめでとう!
  はやくきょーたろにあいたい!
  またまーじゃんしような!
  あとだっことおんぶもな!
  あとひざのうえにもすわりたい!
  あと…
  あと……

和「引きずり込むって…そんな」

まこ「というか天江はあんなに難しい言葉使うのに、
   平仮名ばっかりじゃのお…」

優希「というか、衣さんは書きすぎだじぇ」

咲「京ちゃん!どういうこと!!」

京太郎「い、いや引きずり込むってのは俺もよくわかんねえよ!」

京太郎「衣はなんか懐いてくれたんだよな…最初は敬語使ってたけど
    嫌だっていってな…」

京太郎「龍門渕に連れてってもらって遊んだことがあるんだよ」

まこ「ロリコンじゃな」

京太郎「俺より1つ上ですって!」

優希「あれ?これ咲ちゃんのお姉ちゃんからじゃないか?」

咲「えっ?」

照>>京ちゃん、あけましておめでとう。
  咲の世話はちゃんとしてる?
  なにかあったらいつでもお姉ちゃんに相談してね。
  あとバレンタインは私は京ちゃんの方からチョコが欲しいな。
  (表の差出人欄)京ちゃんの未来のお嫁さん 宮永照

京太郎「はは、照さんも面白いこと書くよなあ」

咲「お姉ちゃんからは私も貰ったけど…」

咲「なんなのこれ!?私の世話って!」

京太郎「咲は俺がいないとダメだからなー」

咲「京ちゃんだって私がいないとダメでしょ!」

京太郎「いや!咲は俺がいないとダメだ!だって…」

咲「京ちゃんだって私がいないと!例えば…」

和・優希「「…」」

まこ「夫婦喧嘩はやめんさい」

咲「…/// ま、まあ良いよ」

咲「ただ、未来のお嫁さんってどういうこと!?」

京太郎「いやいや!冗談に決まってんだろう!?」

京太郎「さっきも言ったけど、面白い年賀状にしてくれたんだと思うぜ」

咲(絶対お姉ちゃん本気だよ…)

咲「それで…チョコは作るの?」

京太郎「そうだな。というか、咲にもあげてるじゃねえか」

咲「う、うん…」

優希「バレンタインなのに京太郎の方からあげるんだじぇ?」

京太郎「なんかそういうことになってる。お前にもあげるつもりだぞ?
    タコス風味チョコをな!」

優希「本当か!?頼むじぇ!」

京太郎「おう」

和「あ、あの…」

京太郎「ん?和にももちろんあげるぞ。期待しててくれ」

和「あ、ありがとうございます…///楽しみにしています」

京太郎「染谷先輩にも。お世話になってる人にはあげるって決めてますんで」

まこ「期待しとくのお」

和「白糸台は淡さんからも来ていますね」

淡>>キョータロー!あけおめー!
  今年は東京に遊びに来なよー!
  高校100年生の私が最大のおもてなしをしてやるからなー!
  (差出人欄)キョータローの嫁 大星淡

京太郎「あーそういや東京に遊びに行くって言ってから
    まだ行ってなかったな。来月あたりでもいくか…」

咲(淡ちゃんは冗談だよね…?)

和(なぜか本気のように感じてしまいますね…)ヒソヒソ

優希(同感だじぇ。淡がこんなに手の込んだ冗談をするとは思えないじぇ)ヒソヒソ

咲「あれっ…?阿知賀からも来てるんだね」

和「えっ…?」

玄>>京太郎君!あけましておめでとうなのです!
  いやーこの間はおもち談義で盛り上がったね!
  またたくさんお話ししようね!
  あと私のおもちはいつでも空いてるからね!
穏乃>>京太郎!あけましておめでとう!
   冬だけど私は毎朝山に登ってるぞー!
   京太郎も今年は一緒に登ろうよ!
   なんならこっちじゃなくて長野の山でもいいよ!
憧>>京太郎、あけましておめでとう。
  寒くなってきたわよね…宥姉は固まってるわよ。  
  風邪には気を付けてね?

和「す、須賀君…おもち談義って…」

京太郎「ふ、深い意味はないぞ…!和の話題もたくさん出るけど!」

和「は、恥ずかしいですよ…///」

咲・優希「「…」」バチーン!

京太郎「ぐはっ!」

咲「いいもん、お姉ちゃんようにはならないもん…」

優希「私はまだ発展途上なだけだじぇ!」

和(というか、今気づいたのですが玄さんの「いつでも空いてる」って…)

和(玄さんには負けられないです…私も今度須賀君に言ってみましょうか)

咲「穏乃ちゃんは相変わらず元気だね…」

まこ「新子は普通の年賀状じゃな」

まこ「お…?新道寺からも来とるな」

優希・和「「えっ……?」」

まこ「鶴賀、風越もあるのお。千里山に姫松。宮守に永水。」

咲「臨海からも…ええっ!北海道の有珠山からも来てるの!?」

咲「京ちゃん!?どういうこと!?女の子から貰い過ぎだよ!」

京太郎「い、いや…全国で知り合ったんだよ…」

和(交友関係広すぎませんか…?)

優希(というか半分ぐらい京太郎に間違いなく
   好意を寄せているような文章だじぇ)

咲「京ちゃん!!詳しく聞かせてもらうよ!」ドンッ!

京太郎「うわっ!ちょ…咲押すなよ…」ヒラヒラ

優希「年賀状が一枚飛んでったじぇ」

まこ「どれどれ…ん?この番号どこかでみたような…」

和「番号?あっ!この番号って1等の番号ですよ!」

京太郎「おお!マジかよ!1等が当たったのか!?よっしゃー!」

咲「京ちゃん!まだ話は終わってないよ!」

優希「京太郎に1等の年賀状をプレゼントしたのは一体誰なんだじぇ?」

和「えーっと…」

(差出人欄)宮永咲

まこ「咲じゃ!」

優希「咲ちゃんだじぇ!」

和「咲さんです!」

咲「えっ…?」

京太郎「…ま、まあまた今度説明するからさ。今は落ち着いてくれよ咲」

京太郎「あと、年賀状ありがとな」ナデナデ

咲「京ちゃん…/// し、仕方ないなあ…///」

カンッ