和「お体に触りますよ…」ナデナデ

京太郎「やめろぉ!」

和「今の須賀君が何故私を拒むのか理解できません…それはそれとして触りますが」ナデナデ

京太郎「やめろぉ!やめろぉ!」

和「お体に触りますよ…」ナデナデ

京太郎「俺は天国にいる…」

和「須賀君の股間に触りますよ……お体に触りますよ…」ナデナデ

京太郎「だからやめろぉ!」

和「押し倒して触りますよ…体の隅々まで触りますよ…」ナデナデ

京太郎「和………そこは俺のピストルだぁ…!」

和「お体に触りますよ…須賀君の股間のピストルが暴発するまで触りますよ…」ナデナデ

京太郎「こ、これが原村和の卑猥なお触りか…」ガクッ