ビーッ!

アナウンサー「試合、しゅーりょーっ。西東京を制したのは、王者白糸台高校です」

ワーッ! ワーッ!

淡「(ふふ~んっ♪楽勝楽勝♪)ありがとうございましたぁ!」ペコッ

他校A「あ、ありがとです……」

他校B「良い試合……でしたぁ……」グスッ

真佑子「ありがとうございました……(負けちゃった……私も努力したつもりだったのに……ごめん、ごめんね皆……ごめんね、京太郎……)」ウルウル


廊下

淡「さぁて王者の凱旋だよっ♪テルーに褒めてもらわなきゃ!」タタッ

ドンッ!

淡「ふぎゃッ!?」ドサッ!

京太郎「うおっ!?……ってすまないな、あんた大丈夫か?」スッ

淡「あわ~……星が見えそうだったよぉ~……じゃなくて此方こそごめんね、浮かれちゃってつい……」パシッ

グイッ! ポフッ

淡「あうっ?(わっ、何これ身体かったい!……男子とこんなに接近したことなんて初めてかも……)」ドキドキ

京太郎「うん、怪我は無かった様で何よりだ……あっ、今気づいたけど白糸台の大星選手か?」

淡「ん?そうだけど……そっちも選手?」

京太郎「いや、応援だよ。もう終わったけど」

淡「へ~、お疲れっ!……ねぇねぇ、名前は何て言うの?」

京太郎「京太郎、須賀京太郎だ」

淡「キョータロー……うん、覚えた!」

ティロンッ

淡「あっ、スミレから……えへっ、それじゃキョータロー!急がないと行けないからまたね!」タタッ

京太郎「はいはい、また!……やれやれ、妙に初対面に思えない娘だった……さて」

ポスッ

京太郎「……ん?」チラッ

真佑子「……」

京太郎「……真佑子?」

真佑子「……ごめんね……背中、借りるね……」ギュッ

京太郎「……おう」

真佑子「うぅ……グスッ、ヒック……!ウェエエエエン……!」

京太郎「……お疲れ様、本当に良く頑張った……」

真佑子「グスッ、エグッ……(ああ、京太郎の背中安心する。大好きな京太郎の、許婚の香りとぬくもりがあるだけ、私は幸せなのかなぁ?)」

スンスンッ

真佑子「……?(あれ?)」

スンスンッ

真佑子「……(違う、いつものと違う匂いがある……女性物のシャンプーの匂い……)」グッ

京太郎「おう、落ち着いたか?」

真佑子「……ねぇ、京太郎」

京太郎「?」 

真佑子「浮気は……嫌だからね?」

京太郎「え?あっ(なるほど、さっき……)違う違う、誤解だよ。さっきこっち来る途中で大星選手が走ってきてぶつかっちまったから、その匂いだろ?」

真佑子「そ、そうだったの?良かった……今すごく不安になっちゃった」ギュッ

京太郎「安心しろって、俺達許婚だぜ?」ニコッ

真佑子「……うん、そうだよね……でも、不安にさせたから……ン……」スッ

京太郎「……(誰も、いないよな?)」キョロキョロ

チュッ チュッ

真佑子「フゥ……ン……ひょう……ふぁ……♪」チュル チュッ

京太郎「(やべえ。これ、キスだけで終われる気がしないんだが……)たしか、この近くに空き部屋あったよな……そっち行こう」

真佑子「……うん♪」コクッ



白糸台控え室

淡「あっ」

照「? どうかした、淡?」

淡「ううん、なんでもな~いなんでもな~い♪」ピョンッ

照「……そう」

淡「(キョータロー、どこの高校か聞き忘れた……でもあそこに来たってことは決勝の三校のどれかだよねぇ……後で控え室覗きに行ってみよ!)」タタッ

その後、たまたま情事におよぶ京太郎と真佑子を発見してしまった淡はこう語ったと言う。

淡「恋愛は、しばらく良いや……」

と。

カンッ!