「……」カタカタ

京「お、珍しいな咲がパソコンいじるなんて」

京「何調べてんだ?」

咲「ねえ、京ちゃん」

京「ん?」

咲「もし、京ちゃんのフィギュア発売されたら皆買うかな?」

京「俺の!?……うーん、俺わき役だしそんなに売れないんじゃないか?」

咲「そうだよね…じゃあさ…」

京「(そうだよねって…)なんだ?」

咲「私のはどうかな?」

京「そりゃあ、お前、主役の咲のフィギュアならファンなら皆買ってくれるんじゃ…あ」

咲「そうだよね…主役の私のフィギュアなら皆買ってくれるはずだよね?ならさ…」

京(そういえば咲のフィギュアは…!)

咲「何でどこも私のフィギュア売ってくれないの!?」ドンッ!

京「そ、それはだな…」

咲「どの会社も揃って和ちゃんばかり!どうして私のを出さないの!?」ドンドンッ!

京「お、落ち着け咲!ほ、ほら!アレだ!和はおっぱい大きいからさ…」

咲「……つまりおっぱいが大きくない子はフィギュアにならない、ていうわけだね?」カタカタ

京「まあ、おっぱいは正義だからな…」

咲「嘘つき」

京「え?」

咲「調べたら衣ちゃんのが出てきたよ!どういうこと!?」

京「そ、それは…」

咲「優希ちゃんもいる!どうなってるの?二人ともペッタンコなのに!」

京「…咲」

咲「変だよ…変すぎる!私と同じくらいの大きさなのにどうして!」

京「咲!!」

咲 ビクッ

京「咲、二人はな……『ロリ枠』なんだよ」

咲「ロリ…枠…」

咲「アハハ…敵わないや…私はロリでも巨乳でもないから…」

京「咲…お前のも検索すれば…」カタカタ

京「こ、これは…!」

咲「出来の悪いセ○のプライズしかないよ…」

京「……」

咲「アハハ…ハハハ…」

京「欲しいか…?」

咲「え…」

京「欲しいか自分のフィギュア?」

咲「京…ちゃん…?」

京「ふう…仕方ねえな」

咲「で、出来るの?本当に!?」

京「おう!俺を誰だと思ってんだ?」

京「見せてやるぜ!『1/1スケール宮永咲』をよお!!」

咲「京ちゃん…!」


数日後

京「お、来たか咲」

咲「京ちゃん!完成したの!?」

京「すこーしばかり宮永ホーンで苦戦したが俺の鍛え上げたエッジ捌きで…」

咲「もう!そんなのいいから見せてよ!」

京「やれやれせっかちなお姫様だな、そうれっと!」バサッ

咲「!」

京「天然着色料による暖かみのある塗装、3DCADソフトを駆使した完璧な造形、高級素材による確かな手触り」

京「我ながら傑作だな」ドヤッ

咲「す、すごいよ京ちゃん!こんな才能があったなんて!」

京「フッ、これもタコス作りのちょっとした応用だ」

咲「本当にすごい…私がもう一人増えたみたい」

京「お前みたいな迷子が増えたら過労死しちまうよ」

咲「もう!そんなに迷子にならないよ!偶にしか…」

京「ハハハッ、満足してくれたようでなによりだ」

咲「京ちゃん…ありがとうね」

京「いいって別に、俺も久しぶりにいい仕事ができたぜ」

咲「ふふっ、それにしてもこれ本当にすごいね服とかどうなってるの?」ピラッ

咲「……これ、服の下も作ってあるんだね」

京「俺はこだわる男だからな!」

咲「下着も同じものつけてるんだ…」

京「極限までリアリティを追求するために調査したからな、ちなみに重さも実物と全く同じだ」

咲「ふ~ん…」

京「おう!」

咲「…」

京「…」

咲「……」

京「……」

咲「何か、言うことは?」

京「お前やっぱりおっぱいねえな!」




カン!