雪によって断水が起きた福岡、そんな時の一カップルのお話

京太郎「あー...のど乾いたな...」

姫子「水、戻らんねぇ...」

京太郎「なぁ姫子、なんか飲みもんなかったっけ?」

姫子「んー...やっぱなんもなか」

京太郎「そうだよなぁ」タメイキ

京太郎「あー!飲み物!水分をくれ!」ウガー

姫子「...京太郎?」

京太郎「んあ?どした?」

姫子「ウチの、飲む?」

京太郎「は?お前何言って...」

姫子「///」ピラッ

目の前にはスカートをたくしあげている姫子がいた
しばし呆然とする京太郎であったが、その後...

※ここから先は有料会員様限定のコンテンツです

カンッ